ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレサ・フランクリン(73)、過労によりラスベガス公演をキャンセル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アレサ・フランクリンが8月14日の夜にラスベガスで予定されていたショーをキャンセルすることが明らかになった。極度の疲労が理由だという。

 現在73歳の同シンガーは11日に出した声明にて、コンサートのためデトロイトからウエストコーストへバスで移動したものの、コロシアム・アット・シーザース・パレスでのショーの日程をリスケジュールせざるを得ないと述べている。

 彼女は最近、ロサンゼルスやサンタバーバラ、カリフォルニア、オークランド(カリフォルニア州)で公演を行った。

 アレサ・フランクリンは、「チケットを買ってくださったファンの皆さん、友人たち、そしてサポートしてくださる皆さん、どうもありがとう。すぐに皆さんに会えることを願っています」と綴っている。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート9週目の1位をマーク、ウィズ・カリファの今年最長記録に並ぶ
映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』の特別映像がオリジナル・ジェームス・ブラウン・バンド来日公演で上映決定
Spotify プレミアム会員向けのより魅力的なサービスを計画か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP