ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストライプと唐草模様が特徴! 資生堂パーラー25年ぶりに洋菓子シリーズのデザインリニューアル

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2015年10月1日から、資生堂パーラー洋菓子シリーズのデザインが全面リニューアルされる。かつての資生堂パーラーのグラフィックデザインは、1990年に仲條正義氏が手掛けたものだ。今年、25年の歳月を経て、定番デザインを仲條氏が再度一新。新デザインのコンセプトや、思わず捨てずにとっておきたくなるパッケージの数々をご紹介しよう。

デザインテーマは『銀座アヴァンギャルド』 ストライプと唐草模様が特徴



資生堂パーラーの今回のデザインは「誇りを持って世界に発信できる日本らしさ」というコンセプト。『銀座アヴァンギャルド』をキーワードに資生堂が体現してきた銀座文化を表現。






基調となるカラーは、朗らかさや健康的な明るさが求められる時代を意識した青・白・赤の3色。ストライプと唐草模様が特徴。ブランデーケーキのパッケージには酒樽、プリンの箱にはプリンと、わかりやく愛らしいイラストが描かれている。




パッケージのほか、洋菓子の素材やレシピ、制服デザインまでもが新しくなり登場。


伝統的かつ斬新な新デザインの洋菓子は、ちょっとしたギフトにも最適。資生堂パーラー洋菓子シリーズのリニューアルは2015年10月1日から。

資生堂パーラー
http://parlour.shiseido.co.jp/index.html

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP