体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山田ルイ53世さん(髭男爵)にわくわくインタビュー~マガジンハウス担当者の今推し本『ヒキコモリ漂流記』

9784838727742

こんにちは、マガジンハウスです。今日は素敵なゲストをお招きしています! 先ごろ「一発屋オールスターズ選抜総選挙」で栄えある初代王者に輝き話題にもなった髭男爵の、ヒゲのほうこと山田ルイ53世さんです~。初めまして!

山田 「どうも、山田です」

―――さすがに貴族的な優雅なたたずまいでらっしゃる! 今回、自叙伝を出版されますが、本の帯にもあるように(「神童」→「名門中学に合格」→「引きこもり」→「大検を取得で大学へ」→「2年足らずで失踪」→「上京して芸人に」→「借金から債務整理」→そして、「復活(ルネッサンス)!」)、なんか色々大変な青春時代だったんですね。

山田 「ええ、我ながらひどいですねえ」

―――(……いい声!)ご自身のことはいいとしても、ご両親、特にお父様についてのくだりは書いて大丈夫だったんですか? 読んでいるほうは面白かったですけど。

山田 「AV持ってたというあたりは大丈夫じゃないかな……。まあ、元々シャレが通じるタイプじゃないんですよ。この20年間で2~3回しか会ってませんもん。だから、かつてお仕事をもらえてた時期も、親と絡む企画の依頼はお断りしてたぐらい」

―――そんなに疎遠な息子にAV秘話や浮気のことをばらされるというのも悲惨なような……。

山田 「ま、浮気の件はちょっと書きすぎたかなと(笑)。ただ、嫁は気利かせて、娘……親にとっては孫ですね、連れてちょくちょく会いに行ってるんですよ。娘がお寿司屋さんの大将になって、父がお客の役を演じてるなんて聞いて、あのオヤジも変わったなあと」

―――いい奥様ですね。

山田 「はい、歪んでない、真っ当な人です。僕はけっこう、女性は誰でもいいなんて思ってたタイプなんですが(笑)、彼女といると気が休まりますね」

―――ヒューヒュー! お父様にだって、わだかまりはまだあれど、感謝している部分もあるんですよね?

山田 「あるかなあ(笑)。ああ、この声はオヤジ譲りなんですよ。ええ声授けてくれたのは感謝してますね。声のおかげでやらせていただいている仕事もあるんで、小中学時代“こうしてくれたら”と思ってた部分も、それでペイできてる気はします」

Img10957


「オヤジ、ええ声ありがとう」と、スタジオ内にセクシーなバリトンボイスを響かせる貴族。

―――声もさることながら、風貌もとってもダンディな山田さんですが、“ゲイの好きな芸人ランキング”などでもよく上位に入ってますね。そういった方々に支持を得るようになったのはいつからですか?

山田 「いまのこの貴族キャラになってからですね。ありがたいことです。先日もLGBT雑誌に取材していただいて、スーツモデルをやらせていただいたり」

―――ふだん、街を歩いてて声かけられたりすることも多いんですか?

山田 「そうですね。やっぱりゲイの方やオネエっぽい方には好感を持って接していただくことが多いです。すごく支えられていると実感するし、嬉しいですねえ」

Img10899


少し照れつつも、自らのモテエピソードを披露。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。