ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いざという時に便利!?ソーラー発電でスマホが充電できる財布が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発電できる財布。なかなか、これまでになかった発想ではないだろうか。

スマートフォンなどの充電に利用できる発電モジュールを搭載した財布、「SUNO WALLET」が誕生した。

・太陽電池パネルを搭載

「SUNO WALLET」最大の特徴は、太陽電池パネルを搭載していること。

USB端子から接続すれば、スマートフォンを充電でき、晴天の日ならiPhoneを6時間で充電できる。

太陽電池パネルといっても、一般的に思い浮かぶであろう板状のものではなく、柔軟性のある薄膜型だ。

折り曲げることもでき、財布の表面に加工してあっても違和感のない仕上がり。撥水・耐水加工もされている。

・モバイルバッテリー搭載モデルもラインナップ

日中の発電のみ可能な「DAY」モデルのほか、リチウムバッテリーを搭載した「DAY & NIGHT」モデルが用意されている。

1500mAhのバッテリーは発電した電気も貯めておけるため、スマホ用の予備バッテリーとしては便利だろう。

・発電機能の実用性は?

だが、肝心の財布が鞄やポケットのなかでは、発電はできない。

本気で充電するなら机の上などに長時間出しておく必要があり、置き忘れのリスクなどを考えると少々こわいものがある。

なぜか付属品に缶きり・ノコギリ・ナイフ・ドライバー…などに使えるカード型の救命マルチツールが用意されているあたり、普段使いよりも“いざという時”のサバイバルグッズを想定しているのかもしれない。

「SUNO WALLET」は、9月3日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて出資者を募集中。

「DAY」モデルが36ユーロ、「DAY & NIGHT」モデルが63ユーロからとなっている。

SUNO WALLET

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。