ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

座席はなんと“カフェの椅子”!フランスらしいオシャレなローラーコースターが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

街の広場に突然現れたローラーコースター。

フランス・ナント市の広場、Place du Boufayでのひとコマだ。

素材として使われているのは、ちょっと変わっているけど、同時にとてもフランスらしいもの…。

答えは、カフェの椅子

制作したのはフランスのアーティスト、Baptiste Demombourg氏。

椅子を1200脚も使い、このインスタレーションを作り上げた。

残念ながら動きはしないが、ローラーコースターはアップダウンの激しい人生を、椅子はその途中でもほっと息をつく場所としてのカフェをイメージしているという。

この作品は、芸術都市として名高いナント市が毎年行っている観光キャンペーン、「Le Voyage à Nantes」の一環として制作されたもの。

8月30日までの期間中、ナントの町のあちこちには、各国のアーティストが制作した数多くの芸術作品が展示されている。

フランスを訪れる予定の方は、足をのばして芸術の街を訪ねてみては?

Baptiste Demombourg
http://www.baptistedebombourg.com/

Le Voyage à Nantes
http://www.levoyageanantes.fr/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP