体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地主恵亮】山奥で幻の白いニジマスを喰らう! そもそも「川魚」に味の違いはあるの?

f:id:Meshi2_IB:20150609213406j:plain

今日も明日もメシを食うだろう。それは空腹を満たすためではない。明日に望みを託して食べるのだ。そして、メシが終われば颯爽と去って行く。ただ去るのではなく、風と共に去るのだ。明日へと。そんな連載です!

地主恵亮の「メシと共に去りぬ」第2回
山奥で幻の白いニジマスを喰らう! そもそも「川魚」に味の違いはあるの?

f:id:Meshi2_IB:20150726195741j:plain

「魚」と聞くと、海の魚を想像してしまう。回転寿司に行っても、回っているのはマグロやタイなど海の魚だ。しかし、魚は川にもいて、一口に「川魚」と言っても種類はその豊富だ。

彼らはどんな味なのだろう。ということで、川魚を生で食べてみたいと思う。さらに、世の中には真っ白なニジマスというのもいるらしいので、そちらも食べてみようではないか。 

川魚を求めて……

川の魚と言われて思い浮かべるのは、ヤマメやニジマスなどだろう。下流域ではあまり見ることができず、これらの魚を釣ろうと思えば、山奥にある川の上流域に行く必要がある。これが川魚とあまり接点がない理由だと思う。

f:id:Meshi2_IB:20150726200024j:plainということで、山梨県の小菅村にやってきました!

川魚を求めて、多摩川の源流域で、山奥にある小菅村にやってきた。人口は700人ちょっとで、村のほぼすべてが森林だ。人口より間違いなく川魚の方が多い場所だ。

f:id:Meshi2_IB:20150726200422j:plain小菅養魚場に来ました!

素人が天然の魚を釣るのは無理だと分かっていたので、釣ることは一切考えず、普通に買うことにした。海の魚は、スーパーに行けばたらふく並んでいるが、川魚はどこで買えばいいのかわからない。そこで川魚を飼育している養魚場に来たのだ。

f:id:Meshi2_IB:20150726200535j:plainめっちゃ泳いでる!

真っ白なニジマス

川魚を求めて小菅村まで来たのには理由がある。ここは、ヤマメの人工ふかに日本で初めて成功した村なのだ。さらにここには「アルビノ」のニジマスもいると聞いていた。真っ白なニジマスがいるのだ。

f:id:Meshi2_IB:20150726200710j:plain白いのが泳いでいる! f:id:Meshi2_IB:20150726200736j:plain水中からも確認!

自然界でも稀にアルビノのニジマスがいるそうだが、ここではアルビノのニジマスが養殖されている。もちろん買うこともできる。

値段は普通のニジマスより高い。といっても、その値段の差は10円。人間界では美白はもてはやされるけれど、ニジマス界では美白は10円の差しかないのだ。

f:id:Meshi2_IB:20150726200831j:plainこれは普通のニジマス!(このサイズで1尾160円) f:id:Meshi2_IB:20150726200940j:plainこちらがアルビノのニジマス!(普通のニジマスと同サイズで1尾170円)
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。