ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷の夜が熱かった!『アディダス マンチェスター・ユナイテッドFCローンチパーティー』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


8月8日(土)夜に東京都渋谷区のアディダスパフォーマンスセンター渋谷で行われた『アディダス マンチェスター・ユナイテッドFCローンチパーティー』を取材した。

マンチェスターユナイテッドは、23年ぶりにアディダスがライセンス契約を結ぶことになり、それを記念したローンチパーティーが開かれたというわけだ。

パーティー参加対象者はadidas FANATICの16チームから160名の招待者。
それに店舗での商品購入者から15組30名の招待者だ。
会場ではマンチェスターユナイテッドのユニフォームが飾られ、招待客は自ら着用しているにもかかわらず、思い思いに写真を撮っていた。

夜の20時から始まったこのパーティーは、店舗の1階を使用して行われたため、その熱気に渋谷の道行く人々が不思議そうにのぞき込む風景も。

会場内ではドリンクと軽食が提供された。
ドリンクはなぜか不思議な取り合わせ。
バドワイザーにチェリー缶チューハイ、トマトジュースにビタミンウォーター。ミネラルウォーター以外は全部赤。
これはマンチェスターユナイテッドのイメージカラーである赤で統一した結果だ。

サッカーボールに見えなくもないミニハンバーガー。
ピッチの芝生を模したシート上のガラス台に置かれた。

仲間でサッカーボールを操っていたファンの一人に記者が「技を見せてくださいよ、技を!」とあおってみた。
快く応じてくれたまではよかったが、スチールで撮影してくれることを知ると、「動画じゃないのかよ~」と憤慨していた。いやいや、なかなか見事な「技」だった。

会場の一角では、記念撮影のコーナーがあり、多くの人気を集めた。

オフィシャルに混じって記者も撮影させていただいた。

選手や監督がインタビューを受けそうなオフィシャルっぽい写真に皆さん満足な様子。

来場者に今回のアディダスライセンス契約について聞いてみた。
「やはり、気になりますよ。ユニフォームの基本的なデザインは変わりませんが、やはりここにadidasと入るのは違いますよね。adidasは生地がいいので、いいユニフォームだと思います」と、胸のロゴを指して笑った。

このパーティーは深夜23時過ぎまで渋谷の街を熱くさせた。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。