ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐野史郎がサエキけんぞうと共に伝説の「はっぴいえんど」を語る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トークライブ<音楽編>偏愛ミュージシャンの巻
佐野史郎がサエキけんぞうと共に伝説の「はっぴいえんど」を語る!

2014年秋のオープン以来、落語、コント、映画や音楽のトークイベントなど様々な企画を発信しているライブホール、ユーロライブにて新たな音楽トークライブが発信される。
ゲストが愛してやまないミュージシャンについて熱情を込めて、その思いのたけを語り倒す音楽についてのトークライブ、偏愛ミュージシャン編。
Vol.1は、俳優の佐野史郎さんが、大好きなはっぴいえんどについて、その思いを熱く語る。
佐野史郎はいつ、どんな風にはっぴいえんどに夢中になっていったのか? はっぴいえんどが佐野史郎さんに与えた影響とは?

1969年から1972年に活動した、細野晴臣、松本隆、大瀧詠一、鈴木茂という後の日本の音楽史に多大な影響を与えたメンバーからなるバンド、はっぴいえんど。2013年に大瀧詠一が衝撃の永眠につき、文字通り伝説のバンドとなったはっぴいえんどに魅せられ、長年研究している佐野史郎さんにミュージシャン・作詞家・音楽プロデューサーのサエキけんぞうが迫る。
青春時代にはっぴいえんどを同時代で体験した人も、この偉大なバンドを未体験な人も、音楽ファンならぜひ、はっぴえんどへの愛にあふれたこの貴重な夜を聞き逃さないでほしい。

佐野史郎さんのひとこと
「はっぴいえんどの洗礼を受けて、はや45年、大瀧さんがいなくなったのはとんでもなく寂しいし、残念なことだけど、彼らの音は今でも心ゆさぶり続けています。こんなに良いものは次世代に、語り伝えてゆかねば!!」

サエキけんぞうさんのひとこと
「1970~1971年という時代について、はっぴいえんどを通じて、今だから話したいことがあります。同時代体験をした佐野さんとだから初めて話せること、この対話は新しい扉を開くことになると思います。

ユーロライブ  トークライブ<音楽編>偏愛ミュージシャンの巻
佐野史郎がサエキけんぞうと語る「はっぴいえんど」

公演日:2015年9月1日 (火)
会場:ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1-5-1  KINOHAUS2F)
開場:19時  開演:19時半
料 金:当日券=大人2,800円/学生2,200円/高校生1,500円/会員2,500円
前売券=大人2,600円/学生2,000円/高校生1,300円/会員2,300円
◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 ◇当日券は開演1時間前より販売◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場
◆ユーロスペース窓口でも前売券販売中
◆電話による前売券予約 (平日10:00~18:00): 0120-240-540(カンフェティチケットセンター)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP