ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

繰り返し使える!QRコードの飛行機預け荷物専用連絡タグ「Tagonce」はスマホで管理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飛行機搭乗前に荷物を預けるカウンターには、航空会社が用意している荷物取り付け連絡タグがある。

これに名前や住所などを書いて付けておくことで、荷物の取り違えを防止し、万が一紛失したときなどにも役に立つ。

この連絡タグ、いちいち書くのが面倒と思っている人向けに、アプリで管理できる「Tagonce」が登場した。

・QRコードスキャンで連絡先表示

アクリル製のTagonceには、QRコードが記載されている。このQRコードをスマートフォンでスキャンすると、登録された連絡先などが表示されるという仕組みだ。

使うにあたっては、まずアプリ(無料)をダウンロードし、タグのQRコードをスキャンする。

するとプロフィール欄が表示されるので、そこに名前や住所、電話番号、顔写真(任意)、旅行中の滞在先などを入力する。これで準備は終了。ちなみに、連絡先の変更などはアプリでいつでもできる。

あとは、荷物に取り付ければ、もし間違われても、荷物を見つけた人がQRコードを読み込むと連絡先がわかるという仕組み。スマホが浸透したいま、荷物が無事手元に戻ってくる確率が高くなるというわけだ。

・メッセージも送れる

荷物を間違えた人(あるいは見つけた人)がQRコードをスキャンするにあたっては専用アプリを使う必要はない。

また、表示される連絡先の下には、メッセージを入力する欄も用意されていて、そこに「○○に預けておきます」などとメモを残すことも可能だ。

繰り返し使えるこのタグ、クラウドファンディングサイトKickstarterで、今なら予定小売価格から20%オフの55スウェーデンクローナ(約780円)で入手できる。締め切りは8月21日。

Tagonce/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP