体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Netflix』サービス開始が9月2日に決定 日本法人代表・ピーターズ氏が見据える日本市場での展望とは

デジタル・IT
IMG_9168

2015年9月2日(水)より日本でのサービスを開始するインターネット動画配信サービス『Netflix(ネットフリックス)』。マーベル原作の注目ドラマ『デアデビル』を始めとする多くのオリジナルシリーズはもちろん、『テラスハウス』新シーズン、ランジェリー業界の裏側を描くドラマ『アンダーウェア』など、日本オリジナルのコンテンツ制作も発表されている。

ガジェット通信はNETFLIXの日本法人代表に就任したグレッグ・ピーターズ氏にインタビューを実施。2008年よりNETFLIX本社で勤務し、2013年からはストリーミング/パートナーシップ最高責任者を務めてきたキーパーソンに、『Netflix』によって日本のエンタメ業界はどのように変わるのかを聞いてみた。

クリエーターの活動が広がる

――アジア圏で初参入となる日本の市場について印象をお聞かせください。

ピーターズ氏:非常に大きく裕福な市場で、ブロードバンド、支払いなどの面においてもインフラが十分に整備されています。日本の方々は優れたコンテンツを愛している。また日本のクリエーターたちとも面白い作品を生み出していけそうだと感じています。

――先日開催された説明会では、日本のユーザーの特徴としてローカルコンテンツの人気が強いとおっしゃっていました。何か日本独自の施策は考えていらっしゃるのでしょうか。

ピーターズ氏:ローカルのオリジナルコンテンツを制作するのは他の国々でも同じような施策を展開しています。しかし、日本ではローカルコンテンツへの愛が異常に大きい。だからローンチ時にも日本独自のドラマを用意したいと思いました。今後も、もしかしたら他の国と比べてローカルコンテンツの制作にチカラを入れていくかもしれませんね。

既にフジテレビとの協力を発表していますが、これから新たに発表できることも増えてくると思います。(企業だけでなく個人を含む)いろんな方々とお話をしている最中です。逆にクリエーター側からアプローチをいただくこともあります。面白い企画を持った方であれば、誰とでも仕事をしたいというのが我々の姿勢です。

――グローバルに展開しているサービスにおいて、日本市場はどのような役割を担っているのでしょうか。

ピーターズ氏:ユーザーの獲得はもちろん、クリエーター側に期待することは大きいです。日本には(映像コンテンツの原作となりうる)素晴らしいストーリーがたくさん存在します。しかし、これまでは何らかの理由でストリーミングできるような作品としては作られてこなかった、あるいは海外で観ることができなかったものが多くあります。日本のクリエーターと協力して、世界に日本のコンテンツを届けていく役割は大きいと感じています。

――優れた原作がある一方で、映像化する技術は米国の方が上だという見方もありますよね。

ピーターズ氏:原作のアイデアが豊富にあるというのは非常にクリエイティブなことです。満足のいく映像化を実現できる技術を持ったクリエーターが足りていないのであれば、10年、20年という長いスパンで成長させてくことも必要でしょう。世界のクリエーターたちを日本のクリエーターたちと交流させることでお互いに学び合うことがあるなら、我々がそのキッカケを作ることもできるかもしれません。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会