ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは見逃せないぞ!草間彌生が描いた現代の浮世絵「富士山」が期間限定で公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年の元旦にNHKで放送された「草間彌生の富士山 ~浮世絵版画への挑戦~」で描かれた草間彌生氏による浮世絵版画が8月9日(日)まで『「わたしの富士山」展』という展示会で期間限定で公開中です。

草間彌生 浮世絵版画 「富士山」

水玉模様を基調とした草間彌生氏による作品は日本のみならず世界的にも評価されていますが、元旦で放送された番組の中で草間彌生氏は富士山を浮世絵のテーマに独自の世界観を魅せました。

浮世絵を仕上げるには絵師の他にも彫師、摺師の技術力が非常に重要になりますが、草間彌生氏の富士山をテーマにした作品には現代の浮世絵版画職人集団「アダチ版画」が参加しました。14,685個にも及ぶ作品の中の空の水玉の彫に挑んだ若手彫師の岸氏は、水玉一つ一つの表情の違いに作家の筆遣いを感じながら、水玉の中に埋没し一体となって版木を彫りあげたといいます。

「わたしの富士山」展では草間彌生氏の初めての浮世絵をはじめ、木版画の制作工程や版木なども合わせご紹介されるとのことですので、現代における浮世絵の世界を学ぶ良い機会になりそうです。

「わたしの富士山」展は2015年8月9日(日)までアダチ伝統木版画技術保存財団 常設展示場にて無料で開催中です。
アダチ伝統木版画財団

アダチ版画 現代の浮世絵

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

さぁみんな、恋をしよう!江戸時代の恋話にスポットをあてた浮世絵展「浮世絵恋物語」
さすがの画力!浮世絵に電線?可愛すぎる桃太郎御一行など、月岡芳年「芳年略画」の世界
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP