ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

POP BiSの名曲振付継承した新曲 TIFで初パフォーマンス&ちびりそうな衝撃MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元BiSカミヤサキと4人の新メンバーで結成され、1stアルバム『P.O.P』をリリースしたばかりのPOP。8月1日 お台場・青海周辺エリア一帯で開催されたアイドルフェス【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】に出演し、オーディエンス大熱狂のアクトを繰り広げた。

POP キュートなTIFライブ写真一覧

<BiS時代の名曲「nerve」や「primal.」の印象的過ぎる振り付けを継承>

 すでにアイドル界隈で大きな話題になっている通り、POPは同フェス2日目の出演をキャンセルする事態となってしまったのだが、1日目に繰り広げたアクトはどれも“キングオブポジティブ”を掲げる彼女たちらしい、観る者を笑顔にさせる実に楽しく痛快なものだった。

 1本目、夕方の湾岸スタジオ屋上(SKY STAGE)で行われたアクトでは、初の大舞台に緊張が隠せない新メンバーをカミヤサキやスタッフが和ませ、その上で「全力のパフォーマンスをしよう」と気合いを入れてステージへ上がり、初っ端から昨年の【TOKYO IDOL FESTIVAL 2014】(http://bit.ly/1oouiF7)でも爆発的な盛り上がりを見せた(昨年は前身のユニット、プラニメとしての出演/披露)EDMナンバー「Plastic 2 Mercy」を全力で披露。心地良い風に吹かれながら、その腕を激しく何度も何度も高く掲げながら、飛び跳ねるように歌い踊り、笑ってしまうほど開放的な空気をエリア一体に広めていく。そして初披露となった2曲目「pretty pretty good」では、なんとBiS時代の名曲「nerve」や「primal.」の印象的過ぎる振り付けを継承。メンバー5人の覚悟を感じさせるエモーショナルな歌声とダンスには客席から喝采が贈られた。

<ガンダムも見守る中で「Plastic 2 Mercy」3連発>

 そして【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】での事実上最後のアクトになってしまった、ダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場(FESTIVAL STAGE)でのステージでは、ガンダムも見守る中で「Plastic 2 Mercy」をなんと3連発。同じ曲にも関わらずオーディエンスのテンションは上昇する一方で、メンバーも5人方々に客席への乱入を試みては、それをスタッフに静止される鬼ごっこのようなアクションも繰り広げ、最後の最後まで観客を楽しませてくれた。

 なお、POPは、前述の1stアルバム『P.O.P』収録曲「pretty pretty good」のMVを公開。メンバー5人がクレーンではるか上空へと引き上げられる、ちびってしまったメンバーもいたんじゃないかと思わせるほどスリリングな内容になっている。また、8月9日にはすでにソールドアウトとなっている代官山UNITでのワンマンライブを開催。同フェスで完全燃焼しきれなかった分、よりフリーダムなライブを堪能させてくれることだろう。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada、内山直也

関連記事リンク(外部サイト)

POP/じゅじゅ <NO MUSIC, NO IDOL?>VOL.93&94ポスターに登場
POP 新曲を各楽器パートバラバラな状態で無料配信 上手くミックスすれば完成?
POP 1stアルバム全10曲の中から1曲除く9曲をフル尺公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP