ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった9ドルでどんな車もスマートカーにするガジェット「AwareCar」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たった9ドルでどんな車もスマートカーにしてくれるガジェット「AwareCar」が、サンフランシスコのスタートアップ、AwareStack社から発表された。

・スマホと車を連携

使い方は簡単。「AwareCar」を車内に置いて、スマホのアプリと連動させるだけ。Bluetooth 4.0を使って、車とスマホの位置関係を察知する。

有料パーキングの料金が加算されるタイミングをアプリが教えてくれたり、広いパーキングエリアでも、アプリが自動的に車の場所を知らせる。

さらに、ドライバーがうっかり時間オーバーして駐車違反ステッカーを切られないように、随時リマインドする。

・どの階に停めたかもわかる!

車用のガジェットは市場にたくさん出ているが、AwareStack, Incでは、最新のセンサーを使い、業界で初めてパーキングのどのフロアに停めたのかを感知する機能をつけた。

バッテリーの持ちも良く、オンにしたままで1年以上持つそう。

現在開発中の「AwareCar」プロトタイプはiOS版のみで、Android用にアプリを開発するためにKickstarterで資金を集めている。

1万5000ドルの資金調達目標に、現在まで1万ドルが集まっている。

たった9ドルで、ドライバーのお財布に優しいスマート・カーに変身させるガジェットに注目したい。

AwareCar

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP