ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BUMP OF CHICKEN、シングル購入者向けスペシャルライブを実施 会場とライブ・ビューイングで計7万人魅了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 BUMP OF CHICKENが、7月30日にインテックス大阪で、8月4日に横浜アリーナで、4月リリースの両A面シングル『Hello,world! / コロニー』CD購入者限定のスペシャルライブ【BUMP OF CHICKEN Special Live 2015】を実施した。

 当ライブは、会場のキャパシティに対して応募が殺到したために、急遽、8月4日の横浜アリーナ公演の模様を全国劇場にてライブ・ビューイング。BUMP OF CHICKENがライブ・ビューイングを行うのはこれが初のこととなった。

 OPENING SEが鳴り止み、本編は新曲「パレード」からスタート。楽曲から連想される映像がメンバーのバックに映し出され、曲の展開と呼応するようにオーディエンスのテンションも上がっていく。そして、2曲目ではTVアニメ「血界戦線」のオープニング・テーマとして書き下ろされた楽曲「Hello,world!」が早速披露された。疾走感と力強さを備えたロックチューンに会場全体のボルテージは早くも最高潮に。

 その後、久しぶりに演奏された曲や初めてライブで演奏された楽曲を経て「ファイター」の演奏を披露。ミドルテンポの楽曲を藤原が丁寧に歌い上げる姿にオーディエンスは酔いしれた。

 ライブ終盤戦では、ボーカルの藤原がオーディエンスにコール&レスポンスを要求。藤原の「OH-」というコールに対し、13,000人のオーディエンスの「OH-」がレスポンスされる形で始まった楽曲は、近年の彼らのライブのキラーチューンでもある「虹を待つ人」。サビで大合唱が起こり、ライブのフィナーレに向けて会場のボルテージは最高潮に。そして、いよいよ迎えた本編最後の曲は「ray」。メンバーと会場が一体になり、最高の盛り上がりを見せ、本編は終了した。

 アンコールでは、4月にリリースされた両A面シングルのもう1曲「コロニー」が披露され、ドラマティックな展開を見せる壮大なバラードに会場は再び酔いしれた。

 【WILLPOLIS 2014】東京ドーム公演から1年振りの当ライブは、BUMP OF CHICKENの歴史に新たなる一歩を刻み、2日間でライブ動員23,000人、ライブ・ビューイング47,000人の合計70,000人を魅了した。

Photo by 古溪一道

◎公演情報【BUMP OF CHICKEN Special Live 2015】
<大阪公演>
2015年7月30日(木)インテックス大阪 5号館(動員:10,000人)
開場:18時/開演:19時

<横浜公演>
2015年8月4日(火)横浜アリーナ(動員:13,000人)
開場:18時/開演:19時

<【BUMP OF CHICKEN Special Live 2015】8/4 横浜アリーナ公演 セットリスト>
M01. パレード
M02. Hello,world!
M03. ハンマーソングと痛みの塔
M04. 才悩人応援歌
M05. morning glow
M06. ファイター
M07. 太陽
M08. ギルド
M09. ハルジオン
M10. embrace
M11. 虹を待つ人
M12. 乗車権
M13. supernova
M14. ガラスのブルース
M15. ray
EN1. コロニー
EN2. メーデー

関連記事リンク(外部サイト)

indigo la End、全国ツアー【ナツヨのマジック】が渋谷公会堂にて終演
チームしゃちほこ 1年越しの【SUMMER STATION】は猛暑を上回る熱狂&会場一丸となってMステの偉い人におねだり、その結果は…?
新生Gacharic Spin パフォーマー3号ねんね加入&初陣となる全力エンタメめざましライブでどしゃ降りの雨止ます

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP