ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android、iPhoneを一挙同時にチャージできる充電デバイスが便利そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンで写真を撮影したり、タブレットで動画を観たり、ノートPCで書類を作成したり。

電子デバイスを多用する現代人にとって、携帯充電器は欠かせないアイテムである。

・3つの部分で構成される充電デバイス

今回紹介する「PWRSPRK」も、電子デバイスの充電に役立つツールで、Idan Lahat氏、Brandon Fontana氏らを中心とする制作チームが手がけたもの。

この「PWRSPRK」は、大まかに分けて3つの部分から構成されている。

・軽量化された、専用のバッテリーケース

1つめは、専用のバッテリーケース。これは既存のバッテリーケースと比べて、30%ほど薄くなっており、その分軽量化に成功している。ケースのカラーは、黒、白、くすんだシルバーの3色から選べる。

・同時に3つのバッテリーを充電可能なベース

2つめは、バッテリーベースの部分。同時に3つのバッテリーを充電することが可能で、必要に応じて、追加のベースをドッキングさせて拡張することもできるという。

・ケースから取り外して、再充電できるバッテリー

3つめは、バッテリー本体部分。3200mAhの電池容量があり、裏表ともに使用できる両面タイプになっているのが特徴だ。

専用ケースから取り外し、ベース部分の充電ポートに差し込むようにして設置すると、充電がスタート。充電が完了すると、ライトが青色から緑色にチェンジしてお知らせしてくれる。また、専用アプリから充電状況をチェックすることもできるという。

・iPhone、Androidの両方に対応!

さらに、この「PWRSPRK」はユニバーサルなデザインになっているので、iPhone、Androidの両方に対応しており、同時に両方のバッテリーを充電する……なんてことも可能だ。

これまでは、スマートフォンの充電待ちの間、ケーブルにつなぎながら利用すると、どうしてもケーブルが邪魔になったり、ケーブルの範囲内でしか利用できなかった。

「PWRSPRK」であれば、ケーブルに常時接続しておく必要はなく、フル充電されたバッテリーと交換するだけでよいので、そうした悩みからも解放されることだろう。

・家庭用だけでなく、公共の充電ステーションとしても

今のところ、家庭用に開発されている「PWRSPRK」だが、将来的には、人が集まるレストラン、駅、空港、ショッピングモールなどの施設に、充電ステーションとして活用することも視野に入れているという。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資受付中。

PWRSPRK

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP