ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲酒者は自転車に乗らないようにお知らせ 世界初の機能つき自転車ロック

DATE:
  • ガジェット通信を≫


自転車も自動車と同じように、事故を起こせば大きな被害となる。そんな事故を防止すべく商品が発表された。

サイクランドKOOWHOは、飲酒“自転車”運転を抑止する啓発製品として、世界初のアルコール検出機能付き自転車ロック「ALCOHO-LOCK(アルコホロック)」を2015年8月3日に発表した。

飲酒自転車運転が増加するのは12月の忘年会シーズン。それまでに年内の発売を目指して、ALCOHO-LOCK公式サイトalcoholock.comより予約受付を開始した。

「ALCOHO-LOCK」は、ロック本体にアルコール検知センサーとBluetooth®を搭載。ロック本体と無料専用アプリをダウンロードしたスマホにて使用していく。

ロックを外すには、本体の検知センサーに息を吹きかける。アルコールが検出された場合は、スマートフォンの画面にアルコールの濃度、アラートが表示されるシステム。アラートには、自転車を押して歩いて帰るように注意を促すメッセージが表示される。

そしてアルコールが検出された場合は、あらかじめ登録されたパートナーのスマホにアルコール濃度数値と検出場所も送信。これにより、パートナーからも運転者を電話などで説得することができる。

値段は30000〜40000円(税別)程度の販売価格を予定している。

アルコールが体に入ると、つい「飲んだら乗ってはいけない」という正常な判断ができなくなる恐れが大きい。飲む前の正常な状態で、「ALCOHO-LOCK」で施錠し、飲んだ後の自分を事故から守ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP