ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米NVIDIA、SHIELD Tabletの一部にバッテリーが発火するおそれがあるとして回収修理の実施を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 NVIDIA は、SHIELD Tablet の一部にバッテリーが発火するおそれがあるとして、無償での回収修理を行うと発表しました。自分の端末がリコール対象モデルなのかどうかを確認する方法は、設定メニューを表示後、「タブレット情報」→「状態」をタップし、「バッテリー」を見ると、“Y01” や “B01” などの文字を確認できるのですが、これが、“B01” であれば問題はなく対象外で、“Y01” の場合が影響を受けるので修理の対象になります。今回の発表は NVIDIA の米国法人が行ったことで、今のところ日本法人はこの問題に関する発表を行っていない模様です。もし、日本で発売された SHIELD Tablet でも発生する問題であれば個別に発表されることでしょう。ちなみに、手元の SHIELD Tablet(米国モデル)を確認してみたのですが、なぜか「バッテリー」という項目すら表示されませんでした。Source : NVIDIA サポート


(juggly.cn)記事関連リンク
Yota Devices、IndieGoGoで目標額を達成したYotaPhone 2北米モデルの発売を中止
Android Mデベロッパープレビュー3の公開が遅れている模様
Android版YouTubeのスマートフォン向けUIにも「トレンド」タブが表示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP