ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ「聖地巡礼」のためのガイドブック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アニメ作品において、ストーリーの舞台やモデルとなった場所「聖地」を、ファンたちが来訪する「聖地巡礼」。アニメと同じカットを探して撮影したり、キャラクターたちが食べていた名物などを食したり……と、いまや全国に存在する聖地の数々には多くのファンたちが訪れています。

 本書『真 聖地巡礼ガイド』では、69本のアニメをとりあげ、それぞれの聖地を地方別に紹介。巡礼ポイントはもちろん、その土地の観光スポットも同時に紹介していきます。

 たとえば、2010年に第1期、2011年に第2期が放送され、2015年7月より第3期が放送中の『WORKING!!』。コミック誌『ヤングガンガン』連載中の、高津カリノさん原作の同名4コマ漫画を元にしたコメディアニメですが、このストーリーの主な舞台であるファミレス・ワグナリアの所在地は、原作では北海道某所という程度の情報に留まっていたのに対し、アニメ版では札幌市周辺の実景が多々登場。そのため、巡礼地としては、第1期第1話、第8話などに登場する札幌駅周辺をはじめ、平岡公園や定山渓温泉などをあげています。

「まず行きたいのは、第1期の次回予告および、第13話で登場する『平岡公園』と第8話の『定山渓温泉』。平岡公園は道央自動車道で東西に分断されており、聖地が集中しているのは西地区となる。地下鉄東西線『新札幌駅』からバスに乗り、『平岡6条4丁目』で下車すれば、アニメでも馴染みのある時計塔が見られる『第一駐車場』はすぐだ。(中略)また、第8話はかなり舞台再現度が高く、『かっぱ家族の願かけ手湯』や『長寿と健康の足つぼの湯』など、劇中に登場するスポットをひと通り巡りするのはオススメ」(本書より)

 続いて、2013年に第1期、2014年に第2期が放送され、今年末には劇場版の公開も予定されている、水泳青春アニメ『Free!』。舞台のモデルとなったのは、最寄り駅がJR「岩美駅」となる、鳥取県の岩美町田後地区。本書では、訪れたい巡礼地として、「浦富海岸」や「田後神社」などを紹介しています。

「まず訪れたい場所は、第1期オープニングや第1話などで登場した「浦富海岸」だろう。ここは日交バスで「浦富海岸口」下車か、岩美町営バスで「浦富海岸」下車して徒歩10〜15分ほどとなる。(中略)次に訪れたいのは、通学路などで登場する神社と石段。これは「田後神社」がモデルで、町営バスで「田後」下車するとすぐ近くにある」(本書より)

 全国各地に点在する聖地の数々。本書を片手に、気になるアニメの聖地を訪れてみませんか?

■関連記事

新潟県で開催される世界最大級の国際芸術祭、ご存知ですか?
音楽評論家・相倉久人さんが遺した、音楽を巡る深すぎる思考とは
日本絵画の特徴は「線」にある?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP