ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: 8年ぶりの復帰作!名盤『スターズ』のグルーヴ&メロウ再び、シンプリー・レッドの新作『ビッグ・ラヴ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 UKソウルの第一人者、シンプリー・レッドの約8年振りとなる新作『ビッグ・ラヴ』を聴いてみて、率直に感じたのは本当に優れたグルーウを生み出すグループだ、と再認識させられたこと。

 先行シングルでリリース&お披露目された「シャイン・オン」は、ミック“レッド”のグルーヴ感覚と、古きソウルから受け継いだメロウネスが融合した傑作。ひたすら耳障りが良いまま、続く「デイドリーミング」へ、そして緩やかなタイトル曲でリラックスモードに切り替えると、再び「ザ・ゴースト・オブ・ラヴ」で、グル―ヴィーなナンバーへと、静から動へ移行する…。

 その「ザ・ゴースト・オブ・ラヴ」あたりで特に彷彿させるものがある、名曲「スターズ」に通ずるバンドの安定感、そして親しみやすい曲調が、本作の特徴ともいっていい。西海岸サウンド漂わす、流麗なストリングスが印象的な「ダッド」や、「ラヴ・ゲイヴ・ミー・モア」あたりも、まさにそう。25年前の作品と重ねるのもどうだか、しかしながら、スタイルはかわってないのに、まったく古臭く感じさせないのが、シンプリー・レッド特有のこのグルーヴだ。

 本作は、ツアー中のアドレナリンが放出している最中、突如インスピレーションで制作され、じっくりゆっくり、年月を掛けて…というレコーディング形態ではなく、アルバム・トータルでミックが一気に書きあげた渾身の力作。5thアルバム『ライフ』で務めたプロデューサーのアンディ・ライトと再タッグを組み、デイブ・クレイトン(キーボード)やイアン・カークハム(サックス)といった、前作からのバンドメンバーも参加している。日本が誇るギタリスト、鈴木賢司氏のクレジットも見逃せない。

 その前作『ステイ』では、“非シンプリー・レッド・サウンド”を試みる、ミックのミュージシャンとしてのスランプ的要素が伺えたが、本作は、一点集中で全曲完成させたことや、「スターズ」のような、かつてのシンプリー・レッドらしいサウンドが戻ってきたことで、その迷走期は完全に抜け出したのではないかと思わせる、安定感ある作品に仕上がっている。

 彼らの音楽には、モータウンのような60~70年代を意識したポップ・ソウルから、ダブやレゲエ、R&Bにブルースなどが根底にある。黒人音楽への憧れがあるUKソウルシーンにおいては、シンプリー・レッドをはじめ、どのアーティストもそういった要素は感じられるけれど、彼らの音楽には、特にブラック・ミュージックの影響の色濃い楽曲群が数あり、本作『ビッグ・ラヴ』にも、そのテイストはふんだんに取り込まれている。その中では、ジャズを再現した「老人とビール」が、特に黒人音楽へのリスペクト、影響の強さを感じさせられた。

 日本盤はボーナス・トラックにニール・ヤングの「孤独の旅路」も収録される。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ビッグ・ラヴ』
シンプリー・レッド
2015/08/05 RELEASE
2,592円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

シンプリー・レッド、8年ぶりとなるニュー・アルバム『ビッグ・ラヴ』輸入盤リリース
ベニー・シングス、土岐麻子を迎えたスペシャルライブを11月に開催
ジェフ・ベック 伝説的スーパー・ギタリストによる単独公演が東京と大阪で決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP