ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】小学生が考案! 鯛を使ったぜいたくご当地丼「タイレッ丼」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛媛県の宇和海に面した愛南町に、地元の小学生が考案したご当地丼がある。その名は「タイレッ丼」。宇和海産の真鯛(マダイ)がたっぷりの、なんともぜいたくな鯛カツ丼だ。
 

タイレッ丼は、いわば、カツ丼の真鯛版。約300gの鯛かつに、地元産の大葉が巻かれて揚げてある。鯛かつは適度な硬さで口当たりよく、全体的にあっさりめなので、女性もお年寄りも食べやすいと地元では人気という。東京の新橋にある愛媛県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」で、期間限定で販売された時も好評を博したとのこと。
発端は、愛南町が「ぎょくしょく教育」発祥の地であることに由来する。ぎょくしょくとは、魚に触る体験学習(調理実習)の「魚触」、魚の味を知る学習(調理・試食)の「魚食」まで、7つの意味がある。愛南町は、養殖真鯛(マダイ)日本一の生産量を誇り、地元の船越小学校の児童たちにメニューを考案してもらったところ、このタイレッ丼が誕生した。
ちなみに、愛南町には、水産物キャラクター「ぎょくしょく普及戦隊愛南ぎょレンジャー」なるものも存在する。鯛をイメージした「タイレッド」を船越小学校が担当している縁もあったという。
タイレッ丼は、愛南町の温泉&レストラン「ゆらり内海」で食べることができる。

「えひめ南予博覧会」(仮称)が、愛媛県南部の南予地方で平成28年度(2016年度)に実施される。南予エリアのグルメや文化、歴史などを中心にさまざまなイベントが行われる。

ゆらり内海http://yurariuchiumi.com/いよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
世界一新鮮なかつおと評判の「びやびやかつお」を味わおう
O級グルメと「アマゴのさつま」 大洲のご当地グルメが熱い
ロンドンなの?中国なの?愛媛南部の行列ができるご当地グルメ「八幡浜ちゃんぽん」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP