ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸子が進化、衝撃の進化!演歌の小林幸子がなんとボーカロイド「Sachiko」として降臨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在インターネット上でも大人気の大物演歌歌手といえば小林幸子。突然ニコニコ動画に「歌ってみた動画」を投稿し、コミケにも参加したりとユニークでありながらも若いエキスを取り入れた活動が最近は注目を集めています。

そしてこのほどその集大成とも言える商品がリリースされました。幸子さんが、ついにボカロになってしまったのです!

このソフトは「VOCALOID4 Library Sachiko」という名称で、パッケージ版が8月下旬販売開始予定。すでに先行ダウンロード販売が「VOCALOID SHOP」で7月27日より開始しています。小林幸子さんの歌声をもとに制作された本格歌声ライブラリで、従来のボーカロイドと同様にシンプルな操作で幸子さんの歌い方を自在に再現できます。また小林幸子さん本人による掛け声や会話など、楽曲制作に使用可能な400種類以上のボイスマテリアルも付属するそうです。

インタビューでも、ご自身が自分の声によるボーカロイド「Sachiko」の声を初めて聴いた時「そっくりで不思議」と思ったとのこと。このボカロを使い出したらもう、幸子さんがその場にいるのと変わらなさそうですね。

そして豪華にも幸子さんご本人が「Sachiko」を歌わせております。さすが大御所、”本物感”がハンパじゃありません!動画で見られるちょっとしたミステイクも本人そのままに実に自然です。

そんなプロセスを経て今回のデモソングとなったのが、幸子さんの名曲「星に抱かれて」の「Sachiko」バージョン。カッコイイ・・・!申し分なしの臨場感です。

まだ「Sachiko」の歌声の全容は公開されていませんが、公式サイトには「クリエイターの情熱を生々しく歌い上げる、圧倒的ソウルフルヴォイス」との掲載が。それはデモを聴くだけでもその迫力やリアリティは存分に伝わってきます。

それ以上にここで注目したいのは、ついに日本のルーツミュージックである演歌界を通じてこのようなソフトが出たということです。海外にもユーザーが増え、評価が年々高まっているボカロで純日本産の音楽が広がるのは、とても革命的だと思います。今後どんな楽曲が誕生していくのか、本当に楽しみですね。

VOCALOID4 Library Sachiko

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

異色コラボ!初音ミクが三味線の唄に合わせ日本舞踊を踊った!「世界ボーカロイド大会」
J-POPを演歌でカバー!八代亜紀が残酷な天使のテーゼを歌う「エンカのチカラ」発売
おぉこれすごい!明治時代の美しい図案コレクションが無料ダウンロードできるよ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP