ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ふっくら谷間コースター』に乗ろう!チャーミングラマー10周年記念イベント

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


トリンプ・イターナショナル・ジャパン株式会社は直営店AMO’S STYLE by Triumphで発売中の女性下着ブランド「チャーミングラマー(R)」の10周年記念イベントを開催したので、取材した。

記者は男なので女性の下着のことを言われてもさっぱりわからないのだが、とにかく「無理なくふっくら谷間を叶(かな)えてくれる10のひみつ」があるという。その秘密をまじまじと眺めことができるのは女性だけなような気もするが、そこにIT技術をふんだんに盛り込んで体験してもらおうというのがこのイベントだ。

7月30日に渋谷PARCOスペイン坂広場で開かれたこの催しは、ゲストに永田レイナが登場し報道関係者の前で実際に視野角360度のVR機器「オキュラスリフト」をつけて体験した。

何を体験するのかというと、ブラジャーの肩ひもの部分からスタートする「ふっくら谷間コースター」に疑似乗車して特徴を実感するというもの。
では、実際に見ていただこう。3Dでなければリアル感を得るのは難しいが、雰囲気だけでも感じていただきたい。

■「チャーミングラマー」の10のひみつを3Dの映像で体験!“ふっくら谷間コースター”
https://youtu.be/Pu7vYZP4Lxw


疑似乗車中の永田の感想は「えー、すごーい。わー、すごーい。え、すごーい。わ、こわーい。」これだけだ。

体験後の囲み取材でいったいあの叫び声は何だったのかと聞かれると、「いや、予想外にリアルすぎてびっくりしました。」と、本当に乗っている感じがしたという。

さらに、「本当にふっくら谷間ができますので、胸が大きくないという方にもつけていただきたいです。」と語った。

永田レイナは2015年のトリンプ・イメージガール。埼玉県出身のファッションモデルでタレント。

屋外でのイベントなので、さすがに下着姿というわけにはいかないようだが、報道陣の「ぜひ全身を!」という強い要望でフォトセッションはスケルトントラックの舞台中央で、囲み取材は地上でそれぞれ行われた。

しかし、そもそも記者には女性下着のブランドのことはわからないので、具体的な事を担当者に聞いてみた。
「トリンプというメーカーの下着はデパートで売っていますが、チャーミングラマーは主に10代から20代の女性を対象にしています。直営ショップで販売していますので、比較的リーズナブルなお値段でお求めいただけます。」

だいたい女性下着の値段がよくわからないので、具体的な値段を挙げて比較してもらった。
「だいたいブラジャーだけで5000円から7000円というのがデパートでの売れ筋ではないでしょうか。それに比べてチャーミングラマーは上下セットで3990円ですから、かなりお求めやすいと思います。」

なるほど、上だけで5000円と聞くと、上下セットで3990円なら確かに安いと言えよう。

しかし、このまま「ふーん、そうですか」では帰れないので、近くにあるという直営店に案内してもらった。
ここでもう少し詳しく話を聞くことにした。
女性下着ショップの中でカメラを持ってうろついていては通報されかねないのだが、あくまでも取材なので撮影の許可も得て潜入した。

女性読者もいるはずだという前提で、前述のチャーミングラマーの10の秘密について書いておく。

1 ファッションに合わせて付け替えられるストラップ
2 三角形のデルタマジックでストラップがズレ落ちにくい
3 カップ脇の伸びない素材で、脇スッキリふっくら谷間に
4 カップ上辺のレースは谷間に向かって幅を広くし、視覚効果で谷間がきれいに見える
5 カップは保形性・通気性抜群!
6 多層構造のふかふかパッドで谷間ふっくら
7 ワイヤーはセンター部分がくいこみにくく肌あたりがソフト
8 ワイヤーの圧迫感や食い込みが少ない
9 背中部分はフラット仕上げで、アウターにラインがひびきにくい
10 折り返し仕様になっているのでボディラインとの段差を軽減

女性はこれを見てわかるのだろうが、記者には最後までわからなかった。逆にわかるとドン引きされるのでそれでよいことにする。
同イベントは7月31日には埼玉コクーンシティ コクーンプラザでも行われ、10時から17時まで「ふっくら谷間コースター」の迫力を無料体験できる。

※写真はすべて記者撮影
 動画はTriumph International Japan公式動画から許諾を得て使用
 AMO’S STYLE by Triumph「チャーミングラマー(R)」10周年記念イベント

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP