ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

価格は19ドルから!立体を描ける“3Dペン”に2色タイプが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空中に絵を描く感覚で、オブジェを形成できる3Dペン。

思い描いたものをそのまま自分の手で形作れるとあって、クリエイティブなシーンで活躍する。

その3Dペンに、2色を内蔵できるタイプが登場した。台湾のスタートアップが開発した「SKYPEN」だ。

・ボタンで色を変えられる!

2色ボールペンのように、SKYPENでも使いたい色を選べるというのが売り。あらかじめフィラメント2種類をSKYPENに入れておき、創作のときにボタンを押すだけで色を変えることができる。

なので、緑色の葉を形成し、次に赤の花を描くということが、フィラメントの交換なしにできるということになる。

・一筆書き感覚の創作も

また、ボタンを長押し(3秒間)すると、フィラメントが自動抽出される機能も便利そうだ。

これは、一筆書きのような感覚でオブジェを作りたいときに活躍する。

従来の3Dペンは、ボタンを押さなければフィラメントが抽出されないが、自動抽出機能を加えることで創作により集中できるとのこと。

・今なら19ドルから

また、このペンの最大の魅力と言っていいかもしれないポイントが、低価格であること。

例えば、世界初の3Dペンとされる「3Doodler」は1万5000円ほどするが、SKYPENは今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで19ドル〜の出資で入手できる。

出資受け付け期間は、8月21日まで。「3Dペンを試しに使ってみたい」「多色のオブジェを作りたい」という人は要チェックだ。

SKYPEN/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP