体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近所の図書館にある本は捨てていい(ガジェ通日誌: 深水英一郎)

4821426457_ee65fd8c0e_z

自宅の本を整理する上での自分ルール「検索して近所の図書館に置いてあることがわかった本は捨てる」

できるだけ本は増やしたくないと思いつつ、やっぱり紙の本じゃないと読めないものもあったりするので、いつの間にか家の中が本だらけ。

本ほど場所をとるものもありません。処分してスッキリしようと思うのですが、いざ本を手にするとなかなか捨てられないのです。

「まだこれ読んでない」とか「もう一回読むかも」とか「ためになる本だったし手元に置いておきたいな」とかいろいろ考えてしまうわけです。

一冊ずつ手にとってそれを本当に捨てていいのか自分で考えだすと、結局は「やっぱ、処分せずに置いとこうっと」と、なってしまう。都度都度考えて判断していると積まれた本が一向に減りません。大事に保管しておいても読まないものがほとんどなんですけどね。だって、これまで捨てられなかったわけですから、同じ自分が再び考えてもやっぱり捨てないという判断になるのは、まぁ、当たり前のことです。

3813097461_2e50192553_z

でもそれでは困りますので、こんな「自分ルール」を決めてみました。

「近所の図書館に置いてある本は処分する」

で、実際やってみたのですがこれ、かなり効きます。ぐんと本を減らすことができました。

近所の図書館にその本があるかどうかは、ウェブからの検索で確認できます。

最近の図書館は、ウェブサイトで検索して、資料があるかどうか簡単に確かめることができるようになっています。近所の図書館のホームページから検索して、図書館にその本があれば「すてる」と判断し、どんどん箱に入れて新古書店などに持ち込み処分する。

それだけです。

近所の図書館の蔵書を検索

図書の検索に関して、僕の場合はLIBRONというツールを使っています。

libron

LIBRON
http://www.libron.net/ [リンク]

このツールをインストールしAmazonで書籍のページを開くと、Amazonの画面上に「近所の図書館にその本があるかどうか」を表示してくれて超便利です。図書館公式ページの検索機能は微妙に使いにくかったりするのですが、LIBRONだとAmazonの検索機能が使えるので、操作方法も分りやすい。近所の図書館に本がある場合、Amazonのページをクリックするだけで図書館の貸出予約ページに飛ぶこともできます(近所の図書館がネットでの予約に対応している必要があります)。執筆時点で各ブラウザ対応版とiPhone版があります。このツールの唯一のワナは、Amazonを経由するため、見てるうちに他の本が欲しくなってしまうという点でしょうか。油断すると「気づいたらもっと本が増えてた」ということになりかねませんから、このワナにはまらないように気をつけてください。

図書館を自分の本棚にする

このように図書館にあるものは処分していく、というルールをつくって、図書館の蔵書検索の結果だけで判断をしていくことで、家の中に残った本は「近所の図書館に置いてない」ものばかりとなります。

処分した本も、図書館にあるのですからいつでも読めます。いざ必要なときは、図書館に行って、借りたらいいのです。図書館によっては、オンラインで貸出予約できるところもありますから、これを活用すれば貸出もスムーズ。いわば自分の本棚の延長みたいなものです。近所の図書館が自分の本棚で、代わりに保管してもらってると思えばとても気が楽です。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。