ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Song Review: 悩める諸君に捧ぐ!5SOSが送る応援歌「シーズ・カインダ・ホット」でハジける夏を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年前の今、全米をはじめ、世界の主要各国のアルバムチャートで首位に輝いたのは、5SOSのデビュー・アルバム『ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー』だった。

 “若さハジける”とは、まさにこのこと!アルバムの冒頭「シー・ルックス・ソー・パーフェクト」からエンディングまで、ライブで跳ねまくるファンの光景が浮かびあがるような、煌びやかなポップ・チューンが並ぶ、デビュー作にしてポップシーンの名盤が誕生した。

 ワン・ダイレクションのマネージャー、リチャード・グリフィスがマネージメントを務めているだけはあり、彼らの後継を担うことを意識した、王道のアメリカン・ポップが基盤にありつつも、ワンダイとの違いを明確に位置づけているのは、5SOSのロック・バンドとしての色彩強化、それが最大のキメ手だ。

 4人のロック魂を充分に引き出し、2015年初のシングルとしてリリースされたのが「シーズ・カインダ・ホット」。グッド・シャーロットのベンジー&ジョエル・マッデン兄弟と共作したナンバーで、グッシャー・マナーに則った5SOS流パンクポップが楽しめる、これまでのイメージを覆すロック・サウンドに仕上がっている。

 「シーズ・カインダ・ホット」は、タイトルが示す“イケてる彼女”のストーリーではなく、“理解されない誰かへのメッセージ”が詰められている応援歌。「学校を辞めても彼には可能性がある」、「周りに叩かれようが気にせず突き進め」と主張し、思春期特有の悩みを等身大である彼らが発信することで、道に迷った誰かの糧になる。

 ここ最近は、メーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース」や、レイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」など、歌い手が自身の体験談を交えたチアソングが大ブーム、「シーズ・カインダ・ホット」の次期ブレイクも期待できそうな予兆をみせている。

 7月中旬からエアプレイが解禁されると、アメリカのラジオ各局でへヴィプレイされまくっている「シーズ・カインダ・ホット」。さらに、17日に配信がスタートすると、世界38か国のiTunesシングル・チャートで首位をマークし、8月8日付HOT100チャートでは、22位に初登場する好発進となった。5SOS初のTOP10入り、No.1獲得も…!?

 ワールドツアーで前座を務めたワン・ダイレクションの解散説が囁かれるなど、彼らにとってもやや…気掛かりな状況である最中、その逆風を追い風に、先立って「シーズ・カインダ・ホット」の大爆発とニュー・アルバムの大躍進を起爆剤に、1Dの新作に繋げられたら何より!この夏、「シーズ・カインダ・ホット」が全世界を熱気に包む。

Text: 本家 一成

◎「She’s Kinda Hot」 (Lyric Video)
https://youtu.be/NTxtioXVZQE

関連記事リンク(外部サイト)

5SOS 待望のニュー・シングルが遂に解禁!世界38か国のiTunesシングル・チャートで1位に
Song Review: R&Bシーンのトップに君臨するザ・ウィークエンドが「キャント・フィール・マイ・フェイス」でシングル&アルバムチャートの2冠を狙う
Song Review: テイラー・スウィフトのプッシュで大ブレイク中!悩んだ時こそレイチェル・プラッテンの「ファイト・ソング」を

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP