ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】東日本大震災の影響で廃盤したゲームが完全復活! 続編は2015年秋発表 / 絶体絶命都市

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年3月11日に発生した地震や津波の災害は、のちに東日本大震災と呼ばれるようになり、今もなお、被災地には大きな爪あとを残している。その影響により、販売と発売が中止されたゲームが存在したのをご存知だろうか?

・『絶体絶命都市』シリーズ
アイレムのパニックアクションゲーム『絶体絶命都市』シリーズである。震災が発生するまでに3作品が発売されており、同年、4作目の『絶体絶命都市4 -Summer Memories-』が発売される予定だった。

・ファンにとって嬉しい再販
しかし震災が発生し、4作目は発売中止。これまで販売されていた1~3作もすべて廃盤となった。その後、アーカイブ作品として1~2作が再販され、残されるのは3作目だけとなっていたが、2015年7月29日からPSPのダウンロード販売という形で再販が決定。

これで1~3作がすべて復活したことになり、ファンにとって嬉しい再販となっている。

・『絶体絶命都市』の版権を取得
発売が中止された4作目に関しては「2015年秋を予定」とされている。アイレムを退職したスタッフが金沢でゲーム会社グランゼーラを設立し、『絶体絶命都市』の版権を取得。今後4作目が発売されるとすれば、グランゼーラからになるだろう。

・むしろ勉強になった
震災の被災者に対して配慮するため、発売が中止となった『絶体絶命都市』シリーズだが、「むしろ勉強になった」「恐ろしさを知った」という声が多数出ているのも事実。今後のシリーズにも期待したいところである。



https://youtu.be/8yiMHL4Ar8E

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/27/zettai-zetsumei/
Via: 絶体絶命都市シリーズ公式サイト

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP