ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ究極、仏像を彫る!自分だけの本格的仏像が作れる「仏像彫刻入門」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日Japaaanでは、古墳や埴輪をモチーフにした商品が通信販売のフェリシモから発売されたというニュースをお伝えしましたが、なんと今度は仏像彫刻を習うことができる「仏像彫刻入門」が登場しました!

正式な講座名は「佛師に習うにっぽんのいのり わたしの秘仏 仏像彫刻入門レリーフ編の会」。わかりやすいナレーションと、本職の佛師である立花麟士先生の手先を自分で彫る方向と同じ状態で撮影しているDVD映像テキストを見ながら、3カ月で仏像彫刻の基本を学びます。DVDの他にもレリーフ板やカーボン紙、下絵など必要なものは全てセットに含まれているので、初心者でもすぐに安心して始めることができます。

最近は写経や写仏も身近になっていますが、心構えはこちらも同じ。1日10分ほどの時間、無心になって仏さまを彫ることでいつでも気持ちをリセット。仏さまが次第に形となって完成したときは、普段とはまた違った満足感を得られるはずです。

本格的な彫刻なので芸術的な側面がありますが、これは上手下手は関係ないということです。大切なのはあくまでも「自分のペースで無心に彫り進むこと」。日常を離れて穏やかな時間を充分に持つことで、身心からリラックスするようになったり感謝する気持ちも持てるようになったりと、様々な気付きが得られるのも仏像彫りの魅力のようです。

とてもやりがいを感じられそうですね。それにしても、ポップな実用雑貨が中心だった「フェリシモ」から、ここにきて立て続けに正統派和文化をテーマにした商品が発売されているのでちょっと驚きです。でもだからこそこの機会に世界にひとつ、気軽にあなただけの仏さまを手作りしてみてはいかがでしょうか?

フェリシモ・商品紹介ページ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本人なら胸元にはやっぱこれでしょwww 味噌汁ブローチ
日本の技術・文化でディズニーの世界観を演出「ディズニー <ジャパンクラシック>」
桶職人のつくるシャンパンクーラーは造形美で酔える!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP