ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Airbnbが、ビジネス旅行向けオンライン管理ツールをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Airbnbのビジネス旅行向けサイト

Airbnb(エアビーアンドビー)は、2008年8月の創設以来、順調に拡大し続け、現在、190カ国34000都市を網羅する代表的なP2P(ピアツーピア)型宿泊サービスに成長した。

2014年7月には、ビジネス旅行や出張に特化した「Business Travel Program(ビジネストラベルプログラム)」を開始し、ビジネス旅行者の取り込みにも注力。

GoogleやSoundCloud(サウンドクラウド)、Salesforce(セールスフォース)など、250社がこのプログラムに加入している。

・ビジネス旅行の管理ツールを無償でリリース

Airbnb for Businessの管理ツール(サンプル画面)

Airbnbは、7月20日、Business Travel Programに加入する会員企業からの要望を受け、従業員の出張やビジネス旅行を管理できる無料オンラインツールをリリースした。

このオンラインツールでは、出張者の各スケジュールや予約状況などを一覧できるほか、Airbnbを通じて実行された宿泊予約や宿泊料金を集約し、レポートとして出力することも可能。

これによって、出張者の労務管理や出張旅費の経理処理が、格段に効率化できるという。

・ビジネス旅行市場でのシェア拡大につながるか?

グローバルビジネストラベル協会(GBTA)によると、米国における2015年のビジネストラベル市場は、前年に比べて4.9%増の3027億ドル(約37.5兆円)にのぼり、2016年には、さらに5.4%増の3189億ドル(約39.5兆円)規模まで拡大すると見込まれている。

個人観光客向けサービスを中心に成長してきたAirbnbだが、「onefinestay」や「HomeAway」などの競合サービスと差別化をはかるうえでも、ビジネス旅行市場でのシェア拡大は、今後ますます、望まれるであろう。

Airbnb for Business

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP