ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソレ・ミオのメンバー、ペネ・パティが、プラシド・ドミンゴ世界オペラ・コンクール2015「 Operalia」において第2位入賞&さらにオーディエンス賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソレ・ミオ(SOL3 MIO)のメンバーとして活動中のオペラ歌手ペネ・パティが、今月ロンドンで行われた世界的なオペラ・コンクールであるプラシド・ドミンゴ世界オペラ・コンクール2015「Operalia」において第2位入賞、さらにオーディエンス賞を受賞した。

 ペネ・パティは、南半球サモア出身、現在27歳のテノール歌手。幼少期にニュージーランドに移住し、本格的な音楽教育をうけたのちに、弟のテノール歌手アミタイ・パティと従兄弟のバリトン歌手モゼス・マッケイの3人でヴォーカル・グループ、ソレ・ミオ(SOL3 MIO)を結成。大きな身体から響き渡る圧倒的な声量、完璧なハーモニー、そしてユニークなキャラクターが話題となり、ニュージーランドでは9週連続チャート1位を記録した。

 今回ペネ・パティが受賞したのは、有望な若手オペラ歌手育成のためプラシド・ドミンゴによって1993年に設立された、プラシド・ドミンゴ世界オペラ・コンクール「Operalia」。全世界から集まった18~32歳の若手オペラ歌手を対象にした世界的な権威を有するコンクールで、今年の開催地となったロンドンで今月の13日~19日(現地時間)にかけて開催された。今回の栄えある受賞を受けてペネ・パティは、自身のFacebookに喜びの動画コメントを発表。「会場に来ていただいたみなさんに評価していただいた結果としてオーディエンス賞を受賞できたことは、私にとって最高の喜びです。」と語っている。

写真:左よりペネ・パティ、モぜス・マッケイ、アミタイ・パティ

◎リリース情報
ソレ・ミオ(SOL3 MIO)『オー・ソレ・ミオ~癒しのオーシャン・ヴォイス』
2015/6/24 RELEASE
UCCL-1182 2,800円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

ニュージーランドのヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオが来日 「音楽を受け継いでいくことで、音楽の大きな樹を作りたい」
ニュージーランドから来た“あったかい”ヴォーカル・トリオ、ソレ・ミオ デビューアルバム初登場第1位
世界が注目するミュージカル・ボーカル・グループ『コラブロ』初のジャパン・ツアー開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP