体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]残業時間を80%削減!? 『リクナビNEXT』の『グッド・アクション』を受賞したCGアニメ制作会社ピコナの“リア充しよう”プロジェクト

[PR]残業時間を80%削減!? 『リクナビNEXT』の『グッド・アクション』を受賞したCGアニメ制作会社ピコナの“リア充しよう”プロジェクト

「若手アニメーターの平均年収は110万円」という日本アニメーター・演出協会の調査結果が話題になり、労働環境のネガティブな面がクローズアップされがちな昨今のアニメ業界。そんな一方で、時間外労働を80%も削減することに成功したCGアニメ制作会社“ピコナ”の取り組みが注目を集めています。『リクナビNEXT』の『グッド・アクション2014』を受賞した同社に、この時間外労働を削減した取り組み『リア充しよう』プロジェクトを取材してきました。

プライベートで見聞を広める“リア充しよう”プロジェクト

rikunabi_picona2

“リア充しよう”プロジェクトは、今年で創業7期目になる同社が5期目の2012年に開始し、徐々に成果を上げてきたプロジェクト。その取り組みが評価され、職場の働きやすさ、働くモチベーションを向上させるユニークな取り組みを表彰する『リクナビNEXT』の『グッド・アクション2014』で特別賞を受賞しています。

rikunabi_picona2r

同社代表取締役社長の吉田健氏は「クリエーターがプライベートで見聞を広めるのが重要」と考え、「仕事につながるライフワークや趣味が充実するような会社としての取り組みを始め、それが分かりやすかったのが“リア充しよう”だった」と、プロジェクト名の由来を明かします。

吉田氏自身も今年結婚する(!)という、まさに“リア充”が実現した同プロジェクト。具体的にはどのような取り組みにより、時間外労働の削減を実現しているのでしょうか。

“残業チケット制”で時間外労働を削減

rikunabi_picona4

ひとつは、“残業チケット制”の導入。社員は1か月に使えるデジタルの“残業チケット”を7枚所持しています。残業が必要になった社員はグループウェア『サイボウズ』でチケットを使って残業を申請、社長の承認を得てこれが使用可能になるという仕組み。

残業ができない、という意識により、「家に帰ってもやることがない」という理由で残業することがなくなったり、1日の総作業量を考え締切から逆算してスケジュールを立てるようになる、などの効果が見られるように。

『サイボウズ』や『ChatWork』といったデジタルツールの活用も、時間外労働の削減を後押ししているとのこと。スタッフ間でムダなメールのやり取りが削減できたほか、情報共有により連絡ミスや作業ミスを減らせる効果があり、トータルで時間外労働の削減を果たせたそうです。

rikunabi_picona5r

システムの導入を推進した同社クリエイティブディレクターの水澤慎氏によると、「『サイボウズ』により作業時間が“見える化”され、残業を削減しても実際の作業量は変わらないことが分かった」と、効果の検証にも役立っているとのこと。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。