ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年Q2のスマートウォッチ出荷台数の75%をApple Watchが占める(Strategy Analytics調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

調査会社 Strategy Analytics が公開した 2015 年 Q2 のスマートウォッチ出荷台数データによると、この期間に出荷されたスマートウォッチの 75% を Apple Watch が占めていたそうです。調査結果によると、この期間の総出荷台数は 530 万台で、前年同期から 457% も増加しました。さらに、2014 年の総出荷台数 460 万台を既に上回っています。Apple Watch の出荷台数は 400 万台で、全体の 75% を占めています。Android Wear を含む他のスマートウォッチは約 130 万台となるので、Apple Watch がなかった場合の成長は単純計算で 30% になります。大幅に増加したのはほぼ Apple Watch の発売が影響していると言えます。Source : strategyanalytics


(juggly.cn)記事関連リンク
カスペルスキー、「Kaspersky Security 10 for Mobile」のアップデート版を提供開始
GoPro、Android / iOS向けに動画編集・共有の新アプリを開発中
Google KeepのAndroidアプリがv3.1にアップデート、FABが削除されて入力バーが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP