ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉球を押してパシャリ『もふもふ肉球自撮り棒』登場! 自撮り中も猫の手を握って癒されるニャン♪[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


22日は“にゃんにゃん”猫の日ということで、もふもふな猫アイテムを紹介。最近、世界的にも自撮りの“セルフィー”ブームですが、その時に便利なのがグイッと伸びて片手で撮影できる「自撮り棒」。ただの棒という見た目のものが多い自撮り棒に、猫要素をプラス!? 『無線/有線式もふもふ肉球自撮り棒』が登場しました!

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/49240[リンク]


『もふもふ肉球自撮り棒』は、持ち手が愛すべき猫の手に変わり、いつまでもニギニギ触っていたいモフモフな感触を味わえ、ムニムニな肉球がシャッターボタンになっているという、愛らしい仕様! 

猫愛に激しい、特に猫の手、肉球が溜まらなく好き、ずっと触っていたい、癒やされる、といった人にうってつけの自撮り棒です。自撮り棒がこんなに可愛らしくなるなんて……!


肉球のシャッターボタンを押す光景を見ているだけでも笑顔になれそう。もちろん、棒を伸ばせば長さも角度も自由自在。


スマートフォンホルダーは様々なサイズのスマートフォンに対応しています。iPhone6 Plusのような大きなサイズのスマートフォンでもデジカメでもOKです。


もふもふなにゃんこの手仕様でちょっとだけかさばりそうな気もしますが、この可愛さなら仕方ない!

種類は白猫タイプと黒猫タイプの2種。ぷにっと肉球のシャッターボタンで、いつもよりも多く撮影してしまうかも?

・無線式もふもふ肉球自撮り棒 3480 円(税込)
http://thanko.jp/shopdetail/000000002435/

・有線式もふもふ肉球自撮り棒 2980 円(税込)
http://thanko.jp/shopdetail/000000002436/[リンク]

※画像はサンコー商品販売ページより

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。