ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLAYやドラゴンボールとコラボも 「リアル宝探しゲーム」を体験

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
GLAYやドラゴンボールとコラボも 「リアル宝探しゲーム」を体験

 近年、人気を集めている体験型のイベント「リアル○○ゲーム」。その中でも注目されているのが、2001年にスタートし、2014年度は年間160万人を動員したリアル宝探しゲーム「タカラッシュ!」だ。
 RUSH JAPAN株式会社が運営するこのイベントは、地図や謎を片手に宝のありかを探すというもので、たとえばこの夏にはロックバンドのGLAYやテレビアニメ「ドラゴンボール超」、子どもから大人気の「妖怪ウォッチ」などとコラボレーションし、話題を呼んでいる。

 この「リアル宝探しゲーム」、謎が解けたときの爽快感や宝に辿りついたときの達成感は、実際にやってみないと分からないもの。でも、ちょっとやってみたいけれど、一歩が踏み出せない……という人にはこんな一冊がある。
 「タカラッシュ!」のオフィシャルブック『BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本』(扶桑社/刊)だ。

 本書には、謎解きを体験できる力だめし問題20問や、これまでのイベント公演をそのまま体験できる「イベント追体験」問題2問などが収録されており、一人でじっくり謎に取り組んだり、家族や友だち同士で協力し合ってプレイしたりすることができる。

 筆者はさっそく「謎体験ドリル」に挑戦してみたが、難易度が高い印象だ。すぐに解ける問題もあるのだが、難しい問題は頭をどうひねっても解けないのだ。
 とりわけ、「謎体験ドリル」のうち10問は「知識問題」となっていて、一枚の絵の情報からインターネット検索を駆使して答えを導き出すのだが、これが難しい。
 分からなければインターネットで検索をして、答えに辿りついてもいい。これが通常のクイズと大きく違う点だ。もちろん、インターネットの検索だけで解けるかというと、そういうわけでもなく、「ひらめき」がないと答えには辿りつかない。でも、「ひらめき」だけではなく、「知識」や「行動力(検索力)」も問われるところが、この宝探しクイズの大きな特徴であり、面白さなのだ。

 初めてリアル宝探しゲームに出かけようとしている人も、すでに何度も参加している人も、楽しむことができる本書。この夏も全国各地でイベントが行われているので、参加して思い切り謎解きを楽しみつつ、家の中でも頭をフル回転させてみてはいかがだろう。
(新刊JP編集部)

実際に謎解きをやってみよう!こちらから


(新刊JP)記事関連リンク
『BOOK版リアル宝探し 謎いっぱいの不思議な本』を実際に解いてみよう!
地理ダジャレ、これは何県?
“恐怖政治”が面白いコンテンツを生むこともある

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。