ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今秋日本上陸の『Netflix』 マーベル作品『デアデビル』もバッチリ引っさげて来るってよ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

MARVEL'S DAREDEVIL
世界50国以上で6500万人(2015年7月現在)の会員を抱え、今年の秋からは日本向けのサービス開始を発表しているインターネット動画配信サービス『Netflix(ネットフリックス)』。日本独自のコンテンツも既にいくつか制作が発表されていますが、やはり期待したいのは『Netflix』が自社で制作を務める人気シリーズの上陸ですよね。

パッケージ化されたり『Hulu』でも配信されている『ハウス・オブ・カード 野望の階段』も、元々は『Netflix』製作のオリジナルドラマ。さらにウォシャウスキー姉弟のSFアクション大作『センス・エイト(原題)』、レオナルド・ディカプリオが製作総指揮を務める『ヴィルンガ(原題)』、『ブレイキング・バッド』の犯罪弁護士ソウル・グッドマンを主人公としたスピンオフドラマ『ベター・コール・ソウル(原題)』など、話題の最新作を大量に抱えているのです。

そんな中で朗報。どうやら、日本では観る術がなかったマーベルの新作ドラマ『デアデビル』が、日本でのサービス開始のタイミングで無事に鑑賞できるようになる模様です。

デアデビル_キービジュアル
本作は『エージェント・オブ・シールド』同様にマーベル・シネマティック・ユニバースに属する作品。映画の『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』と世界観を共有しているので、数々の作品とのクロスオーバー、つまりヒーロー同士の共闘も期待ができるということ。

主人公は幼い頃に不慮の事故で視覚を失い、その代償に超人的感覚を手に入れたマット・マードック(チャーリー・コックス)。無数の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチンを舞台に、昼は盲目の弁護士、夜はクライム・ハンター“デアデビル”として法では裁ききれない悪へと立ち向かいます。常に「正義の行いとは何か」という葛藤を抱き、孤独な戦いを続けながらも巨大な敵の正体へと迫っていくのです。

米国では今年4月にシーズン1の全話(13話)がまとめて配信となり、続編となるシーズン2の配信が待たれている状況。日本でも出し惜しみせずに一気に配信、シーズン2以降は最速で鑑賞できるようになることを願うばかりです。

Netflixオリジナルドラマ『デアデビル』予告編(YouTube)
http://youtu.be/xje0KR5cS-o

『Netflix』公式サイト:
https://www.netflix.com/jp/

(C)Netflix. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。