ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今にも動き出しそう!針金でできた人間像がリアルすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ローマを拠点に活動するアーティスト、Edoardo Tresoldi氏の作品が話題を呼んでいる。

彼の作品の多くは、網状に組んだ針金で作り上げた人体。

 

巨人サイズのものから、等身大のものまで。

最大の特徴は、とても表情が豊かで人間的なこと。

角度によっては目を閉じて考え込んでいたり…。

どこか憂いを帯びているようにも見えたり…。

一日の仕事を終えているようだったり…。

今まで動いていた人が急に止まったような印象を覚える。

「針金を使うことで、人体と空間との関係をとらえ直すことができる」

「そして昔の手紙や手紙を見るような感覚を持ってもらえればいい」と彼は語る。

彼は人間だけではなく建物物のインスタレーションも手掛けている。

まるで蜃気楼のようにはかなく抒情的だ。

Facebook
https://www.facebook.com/edoardotresoldiart
Behance
https://www.behance.net/edoardotresoldi

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP