ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

デルタ航空が羽田発着便を一時運休「資源の節約と運航の効率化のため」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
delta

デルタ航空(Delta Air Lines, Inc)が東京・羽田空港の発着便を一時的に運休すると発表しました。これはマイレージ会員に配信されたメールにより判明したもので、デルタ航空はその理由を「資源の節約と運航の効率化のため」としています。

成田発着便はそのまま運行するものの、羽田空港のみ運休するとのこと。そのため、「一時運休期間中の羽田発着便をご利用予定のお客様は、成田発着便へのご予約変更をご手配いたします」ともメールに書かれています。デルタ空港からの詳しいメール内容は以下のとおりです。

<羽田発着便の一時運休についてのお知らせ>
東北地方太平洋沖地震にて被災された地域の皆さま、および関係の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。日本国内の状況はいまだに流動的ではございますが、デルタ航空の最新の運航状況をここにお知らせいたします。デルタ航空は、ハブ空港である成田国際空港(NRT)から、22都市へ向けて運航しております、約30のノンストップ便につきましては、引き続き平常通りの運航を予定しております。しかし、このたびの日本における災害発生に伴い、資源の節約と運航の効率化を図るため、羽田-ロサンゼルス便を3月23日(水)より、羽田-デトロイト便を3月24日(木)より一時的に運休いたします。現時点では、羽田便は春季のうちに再開する予定です
デルタ航空のメールから引用しました

3月17日の夜になり突然送られてきたメールなので、驚いた人も多いかもしれません。羽田から飛ぼうと思っていた方は、デルタ空港の言うとおり、成田便に旅程の変更をするしかないでしょう。

どうしても羽田空港を使いたいという方は、他の航空会社に変更するのも手です。まだまだ成田空港と比べて国際線が少ない羽田空港、目的地へと向かう旅客機があるかどうかは微妙なところですが……。

画像: デルタ航空からのメール
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。

■関連記事
ガスが止まって困った! 東京ガスが「ガスの復帰方法」をメール送信
「電気は大丈夫だけど水道が止まっている」ときは除湿機が活躍?
ホームレスが帰宅困難な人にダンボールを渡す「いつも私達は横目で流してるのに」
『Skype』が約25分間の無料通話を支援 登録メールアドレスをチェック
被災者「充電できないと電気自転車の移動は厳しい」

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。