ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『マッドマックス』を超える大ヒット!(※香港で)バドミントン版“少林サッカー”日本公開決定!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「バドミントンって楽そう」そんなフザけた事言うやつは全員、屋上! バドミントン版「少林サッカー」こと映画『全力スマッシュ』の日本公開が10月10日に決定しました。

本作は5月に香港で公開されるや否や並み入る大作を抑えて、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』に次ぐ初登場2位を記録。世界中で大ヒットを記録中の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を上回る成績を収めたこともニュースとなり、続編の企画が上がるほどの話題に。

日本でも、今年3月の大阪アジアン映画祭でプレミア上映され連日満席の大盛況! 劇場公開が望まれていました。

チャウ・シンチーがカンフーとサッカーを組み合わせるという奇想天外なアイデアを具現化し、香港映画の存在を世界に知らしめ、日本で興行収入30億円を超える空前の大ヒットとなった『少林サッカー』(01)から13年。ついに今年、バドミントンを題材にした新たなスポーツコメディが登場。

監督は奇しくも、前作『西遊記 はじまりのはじまり』でチャウ・シンチーと共同監督&脚本を務めたデレク・クォック。ビジュアル・エフェクトの第一人者ヘンリー・ウォンとのコンビで熱血バドミントン・コメディという事で、これは期待せざるを得ません。

しかもしかも、出演は筆者激推しスリラー、香港発の傑作血みどろゴアムービー『ドリーム・ホーム』のジョシー・ホー! その他にも『風雲スト-ムライダーズ』や『欲望の街』など黒社会もので一世を風靡したイーキン・チェン、そして見事な敵役ぶりをみせるロナルド・チェンや、食堂のおばちゃん役で、ぼさぼさの白髪姿がセンセーショナルなスーザン・ショウまで、豪華ベテラン俳優陣が、汗まみれになりながらトレーニングに励む姿がたまりません。

ちなみに、バドミントって、実はサッカーや野球よりも多い940万人もの愛好家がいる超人気スポーツなんだそう。へー、へー!

『全力スマッシュ』ストーリー

かつてバドミントンの女王として君臨しながらも試合中に暴力事件を起こし、バドミントン界から永久追放されていたヒロイン、ン・カウサウ(ジョシー・ホー)は、ある晩、シャトルの形をした謎の物体を目撃する。その直後、廃墟で密かにバドミントン同好会を結成するワケアリの中年男4人組に出会う。負け組の彼らが必死で頑張る姿を見て、彼女もまた長年忘れていたバドミントンへの情熱を取り戻していく……。

http://zenryoku-smash.com

【関連記事】マンション好景気の今だからこそ観たい! 香港発の傑作血みどろゴアムービー『ドリーム・ホーム』
http://horror2.jp/239 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。