ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ欲しい!世界最軽量&最薄型のソーラーパネル「Solar Paper」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンユーザーにとって、長時間の外出やアウトドアのアクティビティ時、充電ガジェットやモバイルバッテリーがあると心強い。

かといってかさばるものを持ち運びするのも面倒。

そんなときの解決策になりそうな発電ガジェットが登場した。手帳に挟んで持ち運べる、その名も「Solar Paper」というソーラーパネルだ。

・iPhone 6を2時間半でフル充電

最大の特徴は、コンパクトで薄いこと。19×9センチとiPhone 6プラスより一回り大きい程度、厚さは1.5ミリ。手帳にはさんで持ち運ぶことも可能で、重さもわずか120グラムだ。

気になるのが発電の性能だが、パネル1枚の発電は2.5W。パネル2枚をつなげた状態が標準仕様で、晴れた日ならiPhone 6を2時間半でフル充電できるとのこと。

・パネル拡張も可能

また、パネル同士をマグネットでくっつけられるようになっていて、パネル枚数を増やすこともできる。

当然のことながら枚数が増えると発電量は多くなり、タブレット端末などバッテリー容量の大きなものにも対応できる。

・防水性でアウトドアも安心

一方、発電・充電中に日が差さなくなってもオートリセット機能があるので、従来のソーラー発電機のように、プラグの抜き差しをする必要がないのもメリット。

加えて、アウトドアでの仕様を想定し、防水なのも頼もしい。

・世界中どこにでも発送

Kickstarterでは、5Wパックが79ドル〜、7.5Wパックが109ドル〜、10 Wパックが139ドル〜の出資で入手でき、世界中どこにでも発送してくれる。

すでに目標額を大きく上回る額を集めているので、商品化はほぼ確実。エコに端末を充電したい、アウトドアに活用したい、という人は要チェックだ。

キャンペーンは8月21日まで。

Solar Paper/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP