ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『進撃の巨人』LAワールドプレミアで三浦春馬、水原希子ら感激

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のワールドプレミアが、アメリカ・ロサンゼルスで現地時間7月14日に行われ、樋口真嗣監督、三浦春馬、水原希子の3人が参加した。

 会場になったのは、ハリウッドの中でも、伝統と格式のあるエジプシャンシアター。このプレミア上映を監督とキャストが現地のファンと共に鑑賞した。上映終了後、スタンディングオベーションが起こる中、三浦は「温かく迎え入れて頂いていることにとても感動しています。撮影中は、僕だけじゃなく、スタッフ一同、本当に大変な日々を送っていので、こうして映画の本場ハリウッドの皆さんに評価していただけて、とても嬉しく思います。」とコメントした。

 また水原は「もう言葉が出てこないくらい、感動しています。自分が、こんなに感動するタイプではないと思っていたので、そんな自分にも驚いているし、今日は、最高の日になりました!」と語り、樋口監督は「実は、ここロサンゼルスでワールドプレミア上映をする意図がよくわかっていなかったんですが(笑)、いま、皆さんの歓声をいただいて、ようやく、ここでワールドプレミアをする意味がわかったような気がします。進撃の大ファンであり、映画を楽しむことをよく知っている皆さんの反応が素晴らしかったし、とても嬉しく思っています。」と話した。

 2部作の前篇となる『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日より、後篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日より全国ロードショー。

関連記事リンク(外部サイト)

福山雅治25周年記念イベント【福山☆夏の大創業祭 2015】追加席発売決定!
本木雅弘、昭和天皇演じ本音吐露 「お叱り受けて早く楽になりたい」
Ken Yokoyama 新アルバム『Sentimental Trash』発売決定/概要発表 レコ発ツアーも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP