ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そうめんにはコレ! 薬味、つけ汁…我が家の定番レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ夏本番も近づき、そうめんが美味しい季節。でも、いつも同じつゆ、同じ薬味ではちょっと飽きてしまいそう…、ほかのおうちでは、どんなふうにそうめんを食べているのか? ネットで“わが家のおすすめ”の食べ方を探してみた。
■薬味編

まずはつけつゆに加える薬味を見てみよう。
<単品>
納豆、ゆかり、叩き梅、ツナ、食べるラー油
<あわせ技>
・叩き梅+青じその葉+みょうが
・トマト+青じその葉
・キムチ+ごまだれ
・ポン酢しょうゆ+わさび
・わさび+梅干し
・すりごまと刻み海苔
・納豆と天かす

など、本当にどれもおいしそう…というか、もはや「薬味」の域を凌駕しているものも!?

また、定番の薬味でも「そうめんに使うネギと生姜を製氷皿で1回分ずつ冷凍。そのままつゆに入れて解凍しながら食べる」という人がいた。いつもの薬味もこれならパパっと準備できて便利!■つけ汁編

次はつけ汁。本格派なものから、具だくさんつけ汁といろいろ。

「麺つゆにごまだれと食べるラー油を適量入れて、ごま油とすりごまとねぎを少しだけ入れ、坦々麺風にアレンジ!」
「しょうゆ大さじ2、酢好みの量、さとうとみりん少々、ごま油タラー、きゅうりを刻んであえる。そうめんにドバドバかける」
「新玉ねぎを切ってごま油と塩、酢、だしの素、こしょう、砂糖でトレッシングつくる」
「キュウリはマストで、ねぎとみょうがとしょうがと青じその葉とごまと、あるものを適当にきざむ」■アレンジ編

一方、最近人気のぶっかけアレンジスタイルでは

「少量の麺つゆとトマトコンカッセ、ねぎ、オクラ、青じその葉、少量のトマトジュースでイタリアン風に」
「そうめんにきゅうりとハムと錦糸卵を添え、麺つゆに豆板醤とごま油を混ぜたタレで食べる」
「サラダそうめん。そうめんにレタス、きゅうり、トマトを刻んで麺つゆをかけるだけ」
「ハムとアボカドにオリーブ油ちょい足し」
「肉みそのせてジャージャー麺!」
「大根おろしぶっかけ辛味そうめん。麺つゆを水で割らずに、大根おろし絞った大根の水分で麺つゆを割る」

などなど、おもてなしにも使えそうな、見た目のおしゃれなそうめんも。■残ったとき編

あとは、残ってしまったときの食べ方だが、ゆでた麺が残ったときは…。

「明日の朝は炒めてチャンプルーにする」
「みそ汁の中に入れたり、炒めて焼きそうめんにしたり、たらこ入れて炒めてたらこパスタにしたり」
「丸く形を整えて揚げ、別に野菜や豚肉などを入れたあんを作ってかけると、長崎皿うどん風」
「そうめん、片栗粉、卵、ニラ、ネギ、オクラ入れて焼けば簡単チヂミ!」

また、乾麺が少し残ったら、「パン粉の代わりにまぶして揚げてみれば、そうめんコロッケ」なんて使い方もアリ。バリエーション豊かな、そうめんメニューあれこれ。もう夏の終わりにそうめんが余る気がしなくなってきた。あなたもお気に入りをぜひ探してみては?
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/07/15/93447/

【住まいに関する関連記事】
今年は気をつけて! バレンタインの失敗あるある6パターン
ヤマザキに直撃! 「春のパンまつり」が「春」なワケ
うちのが1番!「我が家のカレー」レシピで五月病を防ごう
「弁当男子」が多数! 男性が料理しやすいキッチンの選び方とは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP