ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋葉原で超絶人気の行列ランチ『タンシチュー』を食す! @秋葉原『たん清』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さりげなく秋葉原に進出したものの、さして筆者にアキバ的要素がある訳でもなく、微妙なアウェー感…

しかし!

ちょっと裏に入ると、なかなか良さげな店が色々とあるではないですか。と、言う訳で今回は焼肉屋さんの『たん清』に行ってみた次第です。

創業30年を超える焼肉屋さん

『たん清』は秋葉原で30年続く焼肉の名店で、とくに『上牛たん』が有名で御座います。

営業時間は「17:30~22:30」と基本的には夜のみの営業で、それなりにハイソな方達が利用する、ちょっと高級な焼肉屋さんです。

まあ、お値段的には庶民でも十分に手が届くのですが、それにアルコールとか足すと一人6千円以上は覚悟した方が良い予感ですね。

なので、どちらかと言うと「領収書を切れる人」とかの利用が多いらしいです。確実、筆者には縁のない名店かと思われます。

『たん清』のランチがヤヴァィらしい

そんな『たん清』のレビューを見て、指をくわえるだけの筆者でしたが、実は

「木曜日にランチをやる事がある」

との情報をグーグル先生に教えて頂きました。これは、是が非でも食べなければならないでしょうか?

なんでも月に2回くらい、木曜日にランチ営業をするらしく、その情報はツイッターで発信されるらしいです。

と、言う訳でツイッターで『たん清』をフォローしてみると、なんと明日は

『タンシチュー』

の日ではありませんか!

まさに、これは『タンシチュー』を食べろと言う、天の導きに違いないと思い、マッハで『ロマンスカー』の予約をしてみた次第です。

とにかく並べ! 話はそれからだ

と、言う訳で朝の通勤ラッシュを回避しつつ、優雅に缶ビールを飲みながら『ロマンスカー』で新宿を目指す筆者。

なぜか筆者が秋葉原に来る度に雨が降るのは、気のせいでしょうか?

そして、例によって例のごとく筆者の天敵である「行列」に加わります。

ちなみに『たん清』のランチメニューは『タンシチュー』のみと、かなり強気な設定ですが物凄い人気があります。

どのくらいの人気かと言うと、雨が降っているのに開店1時間前の10時半に並んで「26人目」ってくらいの勢いで御座います…

「雨が降っている平日で、この行列とは一体…」

どんだけ人気なんですかって話ですよ。

ある程度並んでくると「伝票」が配られます。この伝票は整理券にもなっているので、大事に保管しておきましょう。そして、この日は雨にも関わらず

「オープン前に完売」

と言う謎の結末が訪れました。恐らく50食か60食しか用意してないと思われます。

そして最後尾には「本日完売」の切ない看板が立てられます…

そんな『たん清』の『タンシチュー』なので、食べたい人は1時間前くらいから並んだ方が良いでしょう。

ライスの大きさを申告せよ!

そして11時半の開店と共に、行列が地下に吸い込まれて行きます。

階段を下りると「ライス」の大きさを聞かれるので、予めイメージしておきましょう。

ちなみに筆者は「普通」でオーダーしましたが、かなり『タンシチュー』のボリュームがあるので、普通に食べ進むとライスが先に無くなってしまうらしいです。

なので、結構な割合で「大盛り」をオーダーしている人が、いましたね。

と、同時に『タンシチュー』のボリュームを考えて、小食の人は「少な目」でオーダーしていました。

あと「おしぼり」はセルフなので、席に誘導される前にカゴから自分で取り出しましょう。

『タンシチュー』を食す!!

ある意味、仕込みさえ終わっていれば「盛りつけるだけ」なので提供されるのは早いです。

そして筆者の『タンシチュー』が降臨!

とりあえず『タンシチュー』がボリュームありますねぇ。

確かに、この深めの皿にたっぷりとシチューが注がれているので、ライスも「普通盛り」では足りない可能性大です。

「大盛りにしなかった件の是非」

あると思います。

牛タンがデカい!牛タンがデカイ!!

とにかくシチューの中の「牛タン様」が大きいです。一言で言うと

「なまらデカい!」

って感じで、これは確実にキテる肉料理です。これなら一時間くらい並んででも食べる価値ありでしょう。

牛タンが柔らかい!牛タンが(略

そして、その大きな「牛タン様」も箸で崩れるほどに柔らかく煮込まれています。特筆すべきは、その煮込み加減でしょうか?

なんでも長時間煮れば良いと言うモノではなく、必ずベストなタイミングがあります。

あまり煮込み過ぎると、確かに柔らかくはなるのですが、肝心の牛タンの味が抜けてスカスカになってしまいます。

確かに牛タンから出た旨みはスープと言うか、シチューの方に行くのですが、抜けた分だけシチューの旨みが牛タンに戻るかと言うと、そうでもないのです。

結果、煮込み過ぎると肝心の「牛タン」がイマイチな仕上がりになってしまうのです。

その点、この『たん清』の『タンシチュー』は良いですね。大きな牛タンが柔らかく煮込まれていて、ちゃんと牛タンの味も残っています。

ライスが「麦飯」だった件

さらに『たん清』の『タンシチュー』の特徴として、付属のライスが8対2くらいの「麦飯」である事もポイント高いですね。

筆者は玄米から「麦飯派」に生まれ変わった人ですが、はっきり言って麦飯最強です(寿司を除く)。

まず健康面から見ても米よりもGIが低くビタミンも多いです。さらに「腹持ちが良い」ので、食べた感が長続きするのもダイエットをする人には有り難いです。

まあ、筆者の場合は「STOP 糖尿病!」みたいな方向で麦飯なのですが、とりあえず麦飯は万人にオススメで御座います。

あと、肝心の味の方ですが、実は「麦飯」の方が肉料理には合うと思います。

結構、濃い味付けでも「麦飯」独特のクセと言うか味が、イイ感じにマッチするのです。

例えば「カレーライス」とか「とろろ御飯」とか、意外と麦飯の方がしっくり来るんですよね(筆者個人の感想です)。

ライスに牛タンを乗せてみた

そして、ココで今年一番の衝動が筆者に訪れました。

「ラ、ライスの上に、牛タンを乗せたいんだな…」

この『山下清画伯』が、オニギリを見たら食べざるを得ない衝動にも似た何かで、我慢出来る気がしません。

しかし、ここはチョット品の良い感じの店なので、そのようなタブーが許されるのでしょうか?

やはりテーブルマナーとして、そこは大人なんだから我慢しようぜHEY!って思った次の瞬間

「気が付いたら牛タンが乗っていた」

まあ、仕方ないよね。事故ですよ、事故。

食べようとした牛タンが、つい箸から落ちて偶然「ライス」の上に着地しただけですよ。

結果、後悔はしていない。

あまり豪快にシチューをライスにかけるのは、よろしくありませんが、最後の方にちょろっと楽しむ分には良いかと存じます。

『タンシチュー』 総評

あえて、ここまで『タンシチュー』の価格を公開していませんでしたが、みなさんの予想はいくらですか?

かなり牛タンもゴロゴロと入っていて、ボリュームもあるので安くはない予感ですが…

「1000円」

あの『たん清』の牛タンを使ったメニューが、僅か1000円で食べられるのですから、そりゃ並びますよねって話ですよ。

これなら1200円、いや1500円も有り得る案件です。

なので、お店側としては本当にサービスだと思います。

すでに焼肉の名店として秋葉原で30年も営業しているのですから、今更「知名度」を上げる必要は無いはずですが、日頃の感謝の気持ちを表したって事かと思われます。

だから限定でも仕方ないし、食べたければ並ぶしかありません。

と、言うかそういうの抜きにして「美味しい料理」なので、これは是非とも食べてみて欲しいですね。

牛タンにこだわって30年の『たん清』が作る、限定の『タンシチュー』は、間違いなく美味しいです。

是非、時間を作って訪れてみて下さい。

『たん清』

東京都千代田区 神田錬塀町45 ライオンズマンション地下1階

営業時間 17:30~22:30

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : グルメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP