ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、自前のBLEビーコン規格「Eddystone」とスマートフォン・タブレット向け接近通信サービス「Nearby」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Apple の iBeacon に対抗して、自前の BLE ビーコン向けオープンフォーマット「Eddystone」とスマートフォン・タブレット向け接近通信サービス「Nearby」を発表しました。Eddystone は、ビーコンが Bluetooth Low Energy で近くに来た Bluetooth Smart デバイスを発見し、通信できるようにするための規格です。Nearby は、Eddystone をサポートしたビーコンデバイス、Android、iOS が接近によって相互に通信できるようにする API 群のことです。Nearby は Android / iOS 同士の通信を可能にする Nearby API と スマートフォン・タブレットとビーコンの通信を可能にする Proximity Beacon API として提供されています。Nearby では、Wi-Fi、Bluetooth、人には聞こえない音で付近の人やスポット、その他あらゆるモノと接続できるようにします。Android ユーザーは Google Play 開発者サービス v7.8 にアップデートすると利用可能になります。「Google 設定」アプリで Nearby 機能を有効にすると、端末のロケーション履歴やロケーションレポート機能も有効になり、さらに、定期的にマイクや Wi-Fi、Bluetooth を介して、付近の対応端末に接近するだけで、それらと通信が可能になります。例えば、Nearby を活用したアプリ「Pocket Casts」では、自分が登録しているポッドキャストの一覧を公開し、付近の人は公開された一覧を「Nearby」タブで見て、登録していない番組を自分のライブラリに登録することができます。

また、Edjing、Trello、Trulia といったアプリも既に Nearby 機能を実装しています。

Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon Prime DayでFireタブレット全モデルが30% OFFで販売中
新型Moto G、新型Moto X、新型 Droid、新型Droid Miniのバックカバーを並べて撮影した写真
ブシロード、Android版「ミニ四駆ワールドランナー」をv1.1.1にアップデート、ボーナスゾーンを追加、表示内容を変更など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。