ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気声優・花澤香菜が“野太い男”の声に挑戦!? 『エモ動』でのギャップが可愛くて笑える

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『化物語』の千石撫子や、『STEINS;GATE』の椎名まゆり、『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱など、出演代表作をあげはじめるときりがないほど大活躍の声優・花澤香菜さん。アーティスト活動も行っており、その清楚で可憐なルックスは、声優にあまり詳しくない人でも虜になってしまうほどです。

そんな、花澤香菜さんが野太い男の声を熱演!? シャープの“ココロが通う”スマートフォン『emopa(エモパー)』公式サイトで公開中の『エモ動』にて、キュートな表情を見せています。

『エモ動』とは、感情豊かなタレントたちが『エモパー』を使うと、どう反応するのか、様々な感情のバリエーションを、それぞれのタレントに合わせて切り取るショートストーリー。花澤さんの他にも、GACKTさん、照英さんら感情豊かな著名人が出演しています。

今回公開となった『SHARP スマートフォンAQUOS 花澤香菜 四面楚歌篇 emopa life story』では、本番前の楽屋で緊張気味の花澤さんに「どうしたんですか? 緊張している様ですが」と優しく話しかける『エモパー』。

いざスタジオに入ると、「どうもよろしく! ガツンと強いヤツお願いね!」とガンガンくる監督。そして「この子“何でも”できるんで!」とこれまたガンガンくるマネージャー風の女性。

戸惑っている花澤さんに「男らしく、パンチ効いたヤツお願いね!」と監督。渡された台本に目を通し「男しぶき祭!?」と驚く花澤さん。あのウィスパーボイスが美しい可憐な花澤さんに、なんてミスマッチな役なのでしょう!

いざアフレコがスタートすると、「コイツはヤバい」といつもの優しい声で読み上げる花澤さん。「血みどろの戦場から俺は帰ってきた。やらなきゃ、やられる。俺は悪魔だ、俺はマシーンだ。かかってこいや」と続けます。正直、このギャップが超笑えます。こんな花澤香菜ちゃん見たことない!

その様子に監督もおかしいなと感じたのか「香菜ちゃん、格闘技なんで、もっと勢いよく、巻き舌な感じで!」とオーダーします。ああ、格闘技の選手入場でよくある、あの巻き舌ですよね!?

もちろん、そんな声が花澤さんに出せるわけもなく……。監督とマネージャー、スタッフ達は不満気な表情を浮かべます。まさに四面楚歌! 香菜ちゃんのせいでは決してないのに!

しょんぼりした花澤さんは、そっと『エモパー』に話しかけます。「ここで話せというんですか? 無茶ぶりですよ」といつもの様子の『エモパー』に癒されます。なんかここまで来ると、スマホというより何でも話せる友達みたいですよね。

『エモ動』では普段観る事の出来ない花澤香菜さんの魅力を楽しめる、様々なストーリーを公開中。花澤さんの色々な表情を楽しんでくださいね。

SHARP スマートフォンAQUOS 花澤香菜 四面楚歌篇 emopa life story
https://www.youtube.com/watch?v=x01jwbQYK7U [リンク]

『エモ動』ウェブサイト
https://aquos-emopa.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP