ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最強】ラーメン二郎系インスパイア流スピンオフラーメン店『成蹊前ラーメン』が超コッテリで激ウマ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラーメン二郎系インスパイア流スピンオフラーメン店『成蹊前ラーメン』(せいけいまえラーメン)が、ラーメンマニアの間で大きな注目を集めている。ここはもともと『ラーメン生郎』だったが、つい最近『成蹊前ラーメン』として新たなスタートを切った。

・最終的に修正を諦めて『ラーメン生郎』
この店舗は、あまりにも歴史が深い場所だ。『ラーメン二郎』のチェーン展開一号店として吉祥寺にオープンし、その後、客のイタズラによって『ラーメン三郎』に店名を変えられ、修正したものの、再度イタズラされて『ラブメン生郎』に。最終的に修正を諦めて『ラーメン生郎』という店名で営業が続けられていた。

・『ラーメン生郎』の流れを受け継いだ店
今回オープンした『成蹊前ラーメン』は、その『ラーメン生郎』の流れを受け継いでいるといわれており、厳密に言えば「ラーメン二郎インスパイア店」とはいえない。

『ラーメン二郎』の流れを受け継いだ『ラーメン生郎』の流れを受け継いだ『成蹊前ラーメン』というわけだ(ややこしいが)。

・ラーメン二郎系インスパイアスピンオフ店
「ラーメン生郎インスパイア店」また「ラーメン二郎系インスパイア流スピンオフ店」というのが正しいだろう。

実際に食べてみたが、確かに『ラーメン二郎』とは大きく違うものがあった。

・大量に盛られない
普通のラーメンは700円で、チャーシュー増しはプラス150円。野菜のマシマシはできない。

トッピングで増量できるのは、刻みニンニク、唐辛子、コショウ、アブラのみ。マシマシをお願いしても、さほど大量に盛られるわけではない。

・スープは濃いめの真っ黒系
麺は平太麺で、縮れているのが特徴。このあたり『ラーメン生郎』の流れを受け継いでいると思われる。

そしてスープは濃いめの真っ黒系。テーブルにやってきたばかりの状態では、スープの色は濃く見えないが、それは厚いアブラの層があるから。

・仕事はしっかりしている感じ
麺の量は多いとは言えず、『ラーメン二郎』の量を期待してきた人は物足りないかもしれない。『ラーメン生郎』時代に見られた、注文を受けてから店主が麺を「こねくりまわして揉みまくるシーン」は見られない。

ちなみに今回は年配の男性と30代前後の男性の2人体制で営業していた。寡黙だが、仕事はしっかりしている感じで好感が持てる。

・うまいのか?
『ラーメン二郎』を求めてきた場合は、その違いに驚くかもしれない。しかし『ラーメン生郎』を求めてきた場合は、その味に感動し、最強のラーメン生郎インスパイア店の誕生に歓喜するはずだ。

https://youtu.be/spDb7dbEYqs

成蹊前ラーメン
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-4-3
時間: 12:00~
休日: 不定休

東京都武蔵野市吉祥寺北町3-4-3Google Mapで開く

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/12/namaro/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP