体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう勇者はいない! 業が深すぎるRPGマンガ『ファイナルリクエスト』がドット絵な理由。

topFRQM

“もう勇者しない”のキャッチコピーと斬新な世界観やシステムで人々を驚かしたRPGといえば知る人ぞ知る『moon』だが、今度は“もう勇者はいない”作品が登場した。

ニコニコ静画“水曜日のシリウス”で連載中の、ドッと泣いて、ドッと笑えるRPGマンガ『ファイナルリクエスト』の魅力と深淵に迫る。

業界初!“8bit”なドット絵マンガ。ニコニコなら動いて音も鳴る!

『ファイナルリクエスト』の最大の特徴は“8bit”な“ドット絵”で
レトロRPGの世界がマンガになっていることだ。

frq1

表紙だけでなく、全編を通してだ。
本を開くと隅から隅までドット絵!これは懐かしくも異様で斬新な光景だ。

3色パレット縛り、4色以上は上乗せしたスプライトで表示している想定……など、ファミコンの仕様にこだわった絵作りがされており、ありがちで生半可な“レトロ風”とは一線を画した“本格志向のレトロ表現”である。

まず、これだけの説明で気になった方は以降の長文などさて置いて、まずは視聴をお勧めする。マンガなのに“視聴”で間違いはない。ニコニコ静画版では機能をフルに使ったアニメーションとピコピコと懐かしい8bitなBGMと効果音で、ほぼ動画な演出がなされているのだ。(三角波+2つの矩形波+ノイズとファミコン仕様に忠実!)

ゲームから居なくなった“勇者”を探す物語

勇者が魔王を倒してエンディングを迎えた後の
レトロRPG“Final Re:Quest”の世界が物語の舞台である。

bug1

エンディング後、たった一人で目覚めた老戦士“アソンテ”は世界が“バグ”で崩壊していることと“勇者タケル”が居なくなっていることに気が付く。もう一度、世界に平和を取り戻すため、アソンテたちは勇者を探す冒険の旅を続ける。

懐かしのRPGをモチーフにした作品というと、マンガ『魔法陣グルグル』やテレビドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズのように“ゲームあるある”を駆使したパロディが人気のジャンルではあるが『ファイナルリクエスト』は、その“あるある”をパロディや単純なメタだけでは終わらせず読者である我々自身に、大きな問いとして突き立ててくるのだ。なぜそんなことが可能なのだろうか?

ドット絵で描かれるからこそ意識できる“虚構の世界”

『ファイナルリクエスト』が“ドット絵”で描かれているのは理由がある。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。