ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

揺るぎないメンチの旨さ!『メンチかつカレー』を食す @秋葉原『キッチンジロー』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さりげなく秋葉原に進出した筆者ですが、やはり秋葉原と言えば『キッチンジロー』は外せないと思います。

と、言う訳で今回は『キッチンジロー 外神田店』の『メンチかつカレー』を紹介してみましょう。

揚げ物系がイチオシである

店のショーケースにも書いてありますが、秋葉原の『キッチンジロー』は、ハンバーグとメンチカツが得意メニューです。

メニュー表を見ても、ほぼハンバーグとフライ系で構成されていて、他の選択肢を許さない勢いです。

しかし筆者的には、この「得意分野に特化する」と言う潔い決断は、逆に好感が持てますね。

何かひとつ「ズバ抜けて美味い料理」があれば、それで良いと思います。

『メンチかつカレー』を食す!

と、言う訳で筆者的には『特選カレーライス&メンチかつ』(980円)1択で御座います。

若干『ブラックカレーライス&帆立コロッケ』も気になりますが、やはりレポートするならベーシックな方がベターでしょう。

そんな感じで割と適当にオーダーした所、店の主人から

「少しバリューなメンチかつカレーもあります」

とのアドバイスを受け、改めて壁の方に目をやると『メンチかつカレー』なるメニューを発見。

と、言う訳で迷わず『メンチかつカレー』(880円)にチェンジです。

「なんて親切な店なのだろうか?」

普通なら価格の高い方のメニューを勧めるのに、あえてバリューラインを推して来る辺りに、主人の人柄を感じますね。

メンチカツがヤヴァイ件

『キッチンジロー』のメンチカツは、玉葱が多めの豚肉タイプで御座います。

構成としては、いわゆる一般的なメンチカツでしょうか?

そして衣も普通のパン粉に、比較的薄い衣で仕上げているようです。

と、言う訳でビジュアル的には至って普通の『キッチンジロー』のメンチカツですが、ひとくち食べてみると、その美味しさに驚かされます。

カラリと揚がった衣は、スプーンでもサクリと切断出来る感じです。

希に鋼鉄のような衣をまとった「微妙なメンチカツ」を出す店がありますが、さすがは『キッチンジロー』ですね。

筆者レベルの「揚げ物フェチ」になると、揚げている時の音と香りで、その料理の良し悪しが分かりますが、この『キッチンジロー』のフライマイスターは、かなりのベテランと思われます。

そして一口食べれば、玉葱の甘さとジューシーな豚肉の旨みが口の中に広がります。

まさに「これぞメンチカツ!」と呼べる至高の一品で御座います。

カレーも美味しい『キッチンジロー』

『キッチンジロー』のカレーは野菜の甘さが全面で出たタイプで、かなり大量の玉葱を使ってるんじゃないかって感じの深みがあります。

その後でスパイスの辛味がジワリと来るタイプです。

若干、カレーの中の肉類が微妙に少ない気がしないでも無いのですが、そこは『メンチかつカレー』なので問題無しで御座います。

カレーとしての尖った部分はありませんが、洋食屋さんならではの手間が感じられるカレーで美味しいですね。

これは御飯が進みます。

辛さも比較的マイルドなので、トッピングされている「揚げ物」の味を損なう事もなく、逆にメンチカツの甘さを引き立てるカレーになっています。

ライスも美味しい『キッチンジロー』

そして御飯もイイ感じで炊かれています。

あまり柔らかいとカレーと合わせた時にイマイチなので、このくらいの炊き加減がベストですね。

「プレートに盛ったライスがバラけない感じ」

この一体感と言うか「まとまり具合」が、洋食屋さんにおけるライスの基本と言えるでしょう。

この美味しさならば、あえて普通のカレーをチョイスするのも良いかもですね。トッピング無しでも、十分に「美味しいカレーライス」として通用する味です。

汁物が「豚汁」だった件の是非

限りなく洋食屋さんな『キッチンジロー』ですが、何故かスープ的な何かは

「豚汁的な何かである」

みたいな勢いで、そのギャップに萌える筆者で御座います。

なにゆえ、豚汁なのか小一時間は問い詰めたい衝動に駆られますが、確かに味噌汁やコンソメスープよりも、具沢山な豚汁の方が嬉しいのは否めません。

いや、ココはむしろ「豚汁」で正解かと存じます。

写真だと具が沈んでいるので、ビジュアル的にはイマイチですが、なかなか具沢山で美味しい「豚汁」でした。

『メンチかつカレー』 総評

まずメンチカツが美味い、そしてカレーも美味い、さらにライスも文句無しと言う事で、結果的に『メンチかつカレー』最高って感じで良いと思います。

特にメンチカツの味、形、揚げ加減は特筆すべき点で、ぱっと見た感じは至って普通ですが、これはかなりキテるメンチカツですよ。

「旨いフライは衣のエッジが美しい」

衣がムラなく均一に付いているのは当然として、美味しいフライは衣の端っこの部分が綺麗です。

これは原型のコロッケやメンチカツが丁寧に形作られていて、かつ「バッター液」(パン粉の下の液)の濃度も影響します。

実際にそれで「味が変わるのか?」と言われれば、さして影響は無いかもしれませんが、ソコまで丁寧に作るフライは、やはり一味違います。

ここら辺、フライに並々ならぬコダワリがある『キッチンジロー』の想いを感じますね。

それでは、みなさんも是非『キッチンジロー』の『メンチかつカレー』を食べてみて下さい。

『キッチンジロー』

東京都千代田区 外神田3-12-2 1F

営業時間 11:00~21:00

年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP