ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】日本の通信が変わる!?周りのWifiが利用し放題になるシェアリングシステムとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Wifiをシェアするという驚きの発想。

そのためのアプリ製作プロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した。

日本の通信にまつわる問題を、改善するために生まれた本プロジェクト。実現すれば、現存のシステムを、根底から大きく揺るがすことになるだろう。

発案者であるWiFiシェアのファウンダー/CEO荻田 剛大(おぎた たけひろ)氏は、長い間IT業界に勤務し、この分野に精通した人物。幾多の経験を経て、今回のプロジェクトに踏み切った。

・通信シェアによって10日間500円でWiFiが利用し放題に!

Q1:まずは、このようなシステムを世に出そうと考えたきっかけと経緯から、お聞かせください。

きっかけは、携帯の通信制限です。

最近の若者(大学生〜20代の一人暮らし層)は、家に固定回線を引かず、携帯回線だけで生活をしているため、携帯の通信制限にかかりがちになっています。(私も、制限にかかります)

そして、ヒアリングをしたところ、制限にかかった彼らは、インターネットを利用するのを我慢するとのことでした。

これは、インターネット業界の大きな損失です。インターネットはインフラと化していますが、真のインフラになるためには、(中略)携帯の制限など気にせず使えることが重要だと思い、それを実現するために本サービスを実施しております。

Q2:シェアリングサービスの詳細について、教えてください。

基本コンセプトは、通信を所有からシェアに、というものです。(中略)

方法は複数ありますが、まず弊社が、日本初の1回線を複数家庭でシェアすることを前提とした、プロバイダになる予定です。(中略)

弊社のプロバイダに乗り換えてもらえれば、それだけで料金面での節約になりますが、最大の特徴は、その回線を周りの人が利用してくれた場合、回線契約者の通信料を値引きするところです。(1人の利用で、月額700円引き)

これにより、通信料を最大で無料にすることが可能です。利用者は、10日間500円という金額で、WiFiが利用し放題になります。通信制限がかかってしまった後の数日間を、このサービスにより、快適に利用できるようになります。

・回線契約者、利用者双方に大きなメリット

Q3:現状の通信から乗り換えることで、ユーザーはどんな利益を得るのでしょうか。

回線契約者、利用者それぞれ、3つあります。

回線契約者は、前述のとおり、複数人でシェアすることで、通信料が安くなります。

シェアした回線は、外出先でも使い放題になりますし、企業レベルの認証システムを構築していますので、無線回線のセキュリティレベルも上がります。

利用者は、安い料金でネットが使い放題になる上、すべてのシェアWiFiも利用し放題になります。工事やルーターの手配も不要で、1分でネットが使えるようになります。

Q4:資金調達後の活動について、教えていただけるでしょうか。

日本初の、1回線を複数家庭でシェアすることを前提としたプロバイダになり、ユーザーの獲得に努めていく所存です。

プロジェクト公開は、7月20日まで。資金調達は順調で、目標金額まであと一歩というところに迫っている。新たな時代の幕開けに、期待したい。

WiFiシェア/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP