体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルックリンに学ぶ[3] 真似してみたい地元っ子のインテリア術

ブルックリンに学ぶ[3] 真似してみたい地元っ子のインテリア術

ブルックリンで訪れた家はみんな、「好きなものに囲まれて暮らす」ことにすごく熱心。気に入る一点を見つけるまでは妥協せず、好きなモノが売ってなければ自分でつくります。そんな彼らの部屋を覘いて、あ!これならできるかも! と、慌ててパシャパシャ撮影してきたコツをご紹介します。●連載「ブルックリンに学ぶ 住まいとまちのつくり方」
5つあるニューヨークのエリアの中でもっとも人口の多いブルックリン(約250万人)。昨今さまざまなメディアでポートランドとともに注目を集めています。そんなブルックリンでは人々はどんな暮らしをしているのか? 住まいやまちづくりのヒントとなるような最新事情をお届けします。1.その人なりのインテリア

ブルックリンで訪れた部屋はどれも、「自分の好き」をまっすぐに表現したインテリア。なので、住人の人となりや、その生き様が面白いように表れています。彼らの住み方への工夫も、人それぞれ。私が「あ!」と思った真似したいコツは、こんな人たちの住まいからいただきました。

【画像1】アーティストユニット「Chiaozza(www.chiaozza. com)」を組むTerriとAdam。彼らの色使いや小物の配置の仕方は絶妙で、シャッター押しまくりです。この二人からは、すぐにでもつくれそうなキッチュな照明や、グリーンの置き方などを。今回の写真は16(撮影:小野有理)

【画像1】アーティストユニット「Chiaozza(www.chiaozza. com)」を組むTerriとAdam。彼らの色使いや小物の配置の仕方は絶妙で、シャッター押しまくりです。この二人からは、すぐにでもつくれそうなキッチュな照明や、グリーンの置き方などを。今回の写真は16(撮影:小野有理)

【画像2】テキスタイル・服飾デザイナーのJuliana。自身がデザインした洋服と。愛犬フレンチブルの白黒ブチをベースに、彼女の好きな紺、古材が持つ飴色の3色を上手く取り入れた部屋が印象的。彼女の大胆な間取りづくりに感銘を受けました。今回の写真は6、17、18(撮影:小野有理)

【画像2】テキスタイル・服飾デザイナーのJuliana。自身がデザインした洋服と。愛犬フレンチブルの白黒ブチをベースに、彼女の好きな紺、古材が持つ飴色の3色を上手く取り入れた部屋が印象的。彼女の大胆な間取りづくりに感銘を受けました。今回の写真は6、17、18(撮影:小野有理)

【画像3】たおやかな印象の編集者Marie。今回取材したなかでは一番小さな部屋に住んでいますが、彼女の静かで知的な印象そのもののインテリアが狭さを感じさせません。職業柄たくさんの本に囲まれ、本が大好きだと言う彼女には書棚を素敵に見せるコツを。今回の写真は7(撮影:小野有理)

【画像3】たおやかな印象の編集者Marie。今回取材したなかでは一番小さな部屋に住んでいますが、彼女の静かで知的な印象そのもののインテリアが狭さを感じさせません。職業柄たくさんの本に囲まれ、本が大好きだと言う彼女には書棚を素敵に見せるコツを。今回の写真は7(撮影:小野有理)

【画像4】木工アーティストのGregoireの部屋。彼自身は、現在ベトナムに滞在しているため、その期間だけ友人が住んでいる状態。木工アーティストならではの自作家具が素敵です。今回の写真は10、11、12、13(撮影:小野有理)
1 2 3 4 5次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会