ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アグネス・チャンさんが被災者のために鶴を折る「泣いた、泣いたね」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

agunesusan

多くの犠牲者をだしている東北地方太平洋沖地震。地震から2日が経った3月13日の今現在も、いまだ行方不明の人たちがたくさんいます。「何か私たちにできることはないだろうか? 今すぐ助けに行きたい!」と思うこともありますが、やみくもに危険な地域に行くことはやめましょう。

義援金を出したり、物資を提供したりなど、自分の安全を確保したうえで、できる範囲のことをすればいいと思います。被災地に食べ物があれば飢えをしのげ、水があれば脱水症状を防げ、衣類があれば温かく過ごせ、お金があれば足りない物資を調達できます。もちろん、インターネット上での情報伝達も、立派な救援・支援となります。

そんななか、タレントのアグネス・チャンさんが被災者のために鶴を折り、話題になっています。アグネス・チャンさんも地震に大きなショックを受けたようで、「泣いた、泣いたね」や「涙の渦でしたね」と悲しみの声をブログに書いており、被災者のために心をこめて鶴を毎日折るそうです。

アグネス・チャンさんは公式ブログに「今日は紙に愛、勇気と希望を書いて、鶴を折りました。これから毎日折ります。祈りを込めて、折ります。被災者の方の心に届くように折ります。毎日、毎日折ります」と書いています。

また、「一緒に鶴を折って、祈る事を賛同してくれる方が居て、感謝。今日もたくさん祈りましょう。Pray for Japan!」とも書き込みしており、アグネス・チャンさんの提案により、一緒に鶴を折る人が多数現れたようです。

アグネス・チャンさんが折った鶴を被災地に送るのかどうかは不明ですが、「もしどうしても送りたい」というのであれば、いまの状況を考えると半年後くらいが良いかもしれません。今送ってしまうとインターネット上で炎上する可能性があります。

アグネス・チャンさんが「いますぐ被災者を助けたい」という気持ちがあるのであれば、現金を義援金として送ったほうが効果的かもしれません。アグネス・チャンさんの優しい気持ちが被災者の方々に届くと良いのですが……。

画像: アグネス・チャン公式ブログ
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。

■関連記事
関東全域で大規模停電 原子力発電所にも影響
Googleマップで東京23区内の避難場所をリアルタイムに地図化中
徒歩帰宅途中に見られた「東北地方太平洋沖地震」の風景
NHK・TBS・フジテレビの災害テレビ放送をネット中継サイトから閲覧可能に
Google が地震発生に伴い人探しサイト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。