ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

‘オルタナ・リヴァイヴァル’のリヴァイヴァルなるか? ヤックが90年代テイスト全開の新曲を配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年にセルフ・タイトルのデビュー作『Yuck』を発売し、ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートらとともに90年代のオルタナティヴ・ロックやシューゲイザーの再評価ブームを牽引したロンドンのバンド、ヤック。彼らが新曲「Hold Me Colser」をSoundCloudにて配信しました。

もともとソニック・ユースやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインらの影響が色濃かったヤックですが、今回の新曲ではこれまで以上に90年代的なクリシェを盛り込んでいます。歪んだベースラインと中高音を強調した単音ギターリフの絡みは、さながら全盛期のスマッシング・パンプキンズの未発表音源を、現代のポップ感覚でアップデートしたかのようです。

元ケイジャン・ダンス・パーティのメンバーらによって結成されたヤックですが、2013年のセカンド・アルバム『Glow & Behold』発売後にオリジナル・メンバーのダニエル・ブルムバーグが脱退。新たなギタリストを迎えて、昨2014年にはEP『Southern Skies』をリリースしていました。今回のシングルが布石となり、新体制初のオリジナル・アルバムが制作される日も近いかもしれません。なお、『Glow & Behold』はOTOTOYでも配信中です。(たかはし)

・YUCK『Glow & Behold』はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/p/39143

YUCK「Hold Me Closer」

https://soundcloud.com/yuck/yuck-hold-me-closer

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP